肌にやさしいインナーで乾燥対策!自信のある美しい背中を目指そう!

背中 乾燥

目次

[1]約9割が自分の背中に自信なし…。冬は肌着から見直してみよう!

秋冬はとにかく乾燥が気になる季節ですよね。デスクにミニ加湿器を置いたり、化粧水や乳液を高保湿タイプに替えてみたり…。毎年のことだから乾燥対策はバッチリ!という方も多いのではないでしょうか。でも、顔以外の対策はつい忘れがちになっていませんか?肌の露出が少ない冬は、乾燥によるカラダの肌トラブルに気が付きにくいんです。今回は、そんなカラダの乾燥についての調査結果と、乾燥を防ぐ肌着についてご紹介します。

◇肌の乾燥対策に満足していない人はなんと“67%”も!

乾燥対策 おすすめ
株式会社ファンケルによると、30代~40代の女性100名を対象に「肌の乾燥に関する調査」を実施した結果、自身で行っている肌の乾燥対策に「どちらかというと満足していない」が54%、「まったく満足していない」が13%という回答が集まったとの事。両回答を合わせると67%もの人が現状の乾燥対策に満足していないという事実が判明。日頃から肌の乾燥対策と積極的に向き合っている女性でも、まだまだケアが不十分と感じているようです。

◇約9割の女性が自分の背中に自信なし。背中の乾燥やかゆみといった悩みも

背中 乾燥
さらにその調査の中でも特に乾燥対策が難しい“背中”に関しての、「自分の背中に自信があるか?」との質問に対し「自信がある」と回答したのはわずか7%という結果になりました。実に、93%の女性が自分の背中に自信がないという回答でした。
自信がない理由は、「スキンケアがしにくく、乾燥してかゆくなる」、「自分で見る事が難しく、手の届かない範囲もあり、肌のお手入れが難しい」といった声が上がっているようです。確かに、知らない間に背中ニキビができていたり、服の摩擦で痒くなったり…お手入れが難しい場所なのに、意外と肌トラブルが起こりやすい“背中”。多くの女性が自信をなくしてしまうのも、無理はありません。

◇肌着に対する不満「乾燥」「チクチクする」

肌着 保湿
最後に、肌着に対する不満を調査した結果ですが、1番多かった回答は「乾燥する」で56%、2番目が「チクチクする」で42%、3番目が「ごわつく」で39%という結果に。これを見ると肌から身を守るはずの肌着で、逆に乾燥やストレスを感じている人が半数以上いることが分かりますよね。秋冬のカラダの乾燥原因は現在使用している肌着にもあるのかもしれません。

[2]肌にやさしい肌着5選をご紹介!

改めて肌着を見直して肌の乾燥やストレスを軽減することで、乾燥対策の満足度や自信のある背中への期待ができそうですね。ここでは肌にやさしい肌着をピックアップしてご紹介していきます。

▶Fitte/グンゼ
オーガニックコットン混素材を使用した、立体シルエットインナー。天然素材で肌に優しいのはもちろんのこと、縫い目が少ないためラインの凸凹を感じにくいのも特徴です。左右のカップが一体化したモールドカップなので、バストラインも美しくキープしてくれるのも嬉しいポイント。

▶綿の贅沢/ワコール
肌側は綿100%でオーガニックコットンを使用しており、優しい肌触りを実感できる肌着です。吸湿発熱やストレッチなど、機能性も高い商品。SNSでも話題で人気インスタグラマーも愛用している注目商品です。

▶着るモイスチャライザー/ファンケル
化粧品メーカーとしても有名なファンケルが開発した、「着るタイプの化粧品」という新しいコンセプトの肌着です。微細カプセルにした高保湿美化粧品成分「セラミドヴェール」をコーティング(保湿成分を含んだカプセルの付着によるもの)した繊維を開発、採用し肌の潤いに特化した商品です。秋冬の乾燥対策にピッタリのうるおう肌着として人気の商品です。

▶nani/かぐれ
着心地の良さだけではなく、シルエットやカラーの美しさにもこだわった肌着です。肌に当たる部分にはシルク素材を採用しており、サラッとした着心地を実現。チラリと見えても下着感のないデザイン・カラーなので、普段使いに最適な商品です。

▶綿であったかインナー/無印良品
その名の通り、「綿」にこだわった肌着です。保温性、保湿性、吸放湿性の高いウールを肌触りのよいオーガニックコットンで包んでいるため、よりあたたかい着心地を実感できます。男性用、子ども用もあるので、家族で何枚かストックしておきたい商品です。

[3]乾燥対策をしっかり行って、秋冬のストレスを軽減しよう!

多くの女性が自分の背中に自信がないことや、肌着に対する不満を抱いていることが分かりました。改めて自分に合った肌着選びを見直すことでトラブルを回避し、肌の露出が増える春夏には自信のある背中で向かえられるように備えたいですね。

 

《続いて読まれている関連記事》

乾燥 かゆみ自分でできる乾燥による肌のかゆみ対策とは? かゆみのメカニズムについて

肌トラブル
インナードライ肌に注意!しっかりスキンケアをして肌トラブルを防ごう

 

HB WEBトップへ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる