【ナイキ】鹿島アントラーズの2022年新ユニフォームを発表

目次

エンブレムカラーから着想を得たカラーコンビネーション

Kashima 2021/22 スタジアム ホーム メンズ ナイキ Dri-FIT サッカーユニフォーム ¥14,300 (税込)

ナイキは、J1リーグで活躍する「鹿島アントラーズ」の新ユニフォームを発表します。
細部にまでこだわったオリジナルのチームデザインと低炭素素材を組み合わせることで、地球環境にも配慮し、新しい世代のサッカーサポーターのニーズに応えます。炭素と廃棄物をゼロにすることを目指すナイキの活動 「Move To Zero(ムーブ・トゥ・ゼロ)」では、選手がピッチ上で着用するユニフォームとサポーター向けのレプリカジャージに、ペットボトルを再利用した100%リサイクルポリエステル素材を使用しています。ナイキは 2010年からサッカーキットにリサイクルポリエステルを使用しており、バージンポリエステルに比べて炭素排出量を約30%削減し、環境負荷低減に貢献しています。
2021年30周年を迎えたチームは、ホームユニフォームを次の10年に向けた「革新と挑戦」と、クラブが積み上げてきた「歴史と伝統」を表現することにフ ォーカスしました。チームカラーの基本に立ち返り、エンブレムのカラーから着想を得て、ホームユニフォームとしてはクラブ初めてとなるディープレッド、グレー、ダークネイビーのカラーコンビネーションを、モダンでクラシックなルックを融合させたデザインで表現しました。ホームのジャージには、ディープレッドを基調とし、首回りや袖のリブにグレーとダークネイビーのツートンカラーを使用しています。ショーツには2002年から始まったパートナーシップ史上初めてとなるグレーを採用。また、脇からパンツの裾まできれいにつながったサイドラインにはダークネイビーを用いて引き締まった力強さを表現しています。

鹿島アントラーズの土居聖真選手は次のように話しています。 「私たちはスポーツや日常生活の中でも、気候変動の影響に直面しています。100%リサイクル素材を使ったユニフォームを、パフォーマンスや着心地を犠牲にせずに作ることができるのは、すごいイノベーションで時代のニーズに合っていると思います。自分も道に落ちているゴミを拾ったりしますが、それも自分でできるひとつのアクションです。日々の行動で社会に貢献し、皆さんにもそうしてもらえれ ばと思っています。」

鹿島アントラーズのユニフォームは2022年3月上旬よりNIKE.COM、一部専門店で順次販売予定です。

info.
NIKE カスタマーサービス
TEL:0120-6453-77
NIKE.COM

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる