【熊本・黒川温泉】10周年を迎える「湯あかり」が灯籠でライトアップ

目次

「湯あかり」開催! 温泉街一帯が灯篭でライトアップ

熊本県阿蘇地方の山間地に位置する「黒川温泉」では、2022年4月3日まで、温泉街を灯篭で彩る「黒川温泉 湯あかり」を開催しています。

2012年の冬から始まり、今年で10周年を迎える「湯あかり」ライトアップ。球体状の「鞠灯篭」と、筒状の「筒灯篭」を、自然の景観に溶け込むよう、温泉街にかかる「丸鈴橋」や川端通り沿いを流れる「田の原川」などに配置して、日暮れから22時まで点灯します。

「黒川温泉 湯あかり 10周年」サイトURL https://www.kurokawaonsen.or.jp/event/yuakari/

熊本県阿蘇地方の山間地に位置する黒川温泉。2000(平成12)年まで、地元の新聞が発行する「熊本県万能地図」に、黒川温泉の名称がなかったほど秘境の温泉です。黒川温泉に関わる多くの人々の手が「上質な里山」の景観を作り上げ、また、「露天風呂めぐり」の入湯手形が次第に知られるようになり、全国区の温泉地として評判になりました。現在では年間約90万人(入込客数)が訪れ、豊かな自然と温泉を楽しんでいます。

「黒川温泉 湯あかり 10周年」概要


日程:2021年12月18日(土)~2022年4月3日(日)
時間:日暮れ~22:00
場所:丸鈴橋~川端通り・やまびこ旅館付近・地蔵堂・旅館組合・黒川温泉バス停・黒川温泉明神様
交通アクセス https://www.kurokawaonsen.or.jp/access/

黒川温泉“宿の自慢鍋”美食の旅キャンペーン

黒川温泉は、2022年2月28日まで、「黒川温泉 ”宿の自慢鍋”美食の旅」を開催しています。
この冬12軒の旅館で、オリジナルの鍋プランが用意されています。鍋の種類は、トマト鍋やしゃぶしゃぶ、すき焼きから火鍋・薬膳鍋までバラエティーに富んでおり、食材は肥後赤鷄、味彩牛、小国舞茸など地産の食材をふんだんに使用。熊本・阿蘇で育った郷土の食材を味わいながら、温泉とともに堪能できます。また、本キャンペーンで宿泊した人の中から抽選で12名様に、「南小国町のお米と野菜セット 3000円相当」をプレゼントします。

期間:2021年12月18日(土)~2022年2月28日(月)
キャンペーン利用特典:「南小国町のお米と野菜セット 3000円相当」を抽選で12名様に
美食の旅キャンペーン サイトURL https://www.kurokawaonsen.or.jp/event/yado_jimannabe/

黒川温泉観光旅館協同組合 広報部長 穴井氏コメント

―――黒川温泉を観光するにあたり、おすすめのコースや隠れた名所などを教えてください。
黒川温泉自体は大きい地域ではなく端から端は5km程度です。小さい温泉街だからこそ「入湯手形」という商品があり35周年の今でも黒川温泉の看板商品です。この手形では黒川温泉内の温泉を1300円で3つお入りいただけます。浴衣を着て湯巡りをすることをお薦めしています。

―――湯あかりを含む黒川温泉の魅力は何でしょうか。
黒川温泉ではそれぞれの宿が自家泉源を保有しており、10種類あると言われている泉質の内7種類を保有しています。黒川の様な狭小な地域では大変珍しいらしく前述した湯巡りでも順番を選んで巡っていただくと美容や健康にも効果が期待できます。
また、黒川温泉の中心には筑後川の源流である「田の原川」があり、冬季は湯あかりが並びます。その他に60年前から計2万本の植樹を行ってきて、四季折々で温泉街自体が違う表情を見せます。

info.
黒川温泉観光旅館協同組合 インフォメーションセンター
TEL 0967-44-0076


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる