HOME BEAUTY&HEALTH ドライブラッシングでセルライト対策! その効果や正しいやり方をおすすめ商品3選と共にご紹介

ドライブラッシングでセルライト対策! その効果や正しいやり方をおすすめ商品3選と共にご紹介

ドライブラッシングでセルライト対策! その効果や正しいやり方をおすすめ商品3選と共にご紹介

セルライトが気になるけど、どうやったら除去できるのか分からないとお悩みの人は多いのではないでしょうか。そんな人のために、今回は海外のセレブ達に大人気の美容方法「ドライブラッシング」の効果や正しいやり方について、おすすめ商品と共にご紹介します。

[1]ドライブラッシングってどんなもの?

◇ドライブラッシングとは?

ドライブラッシングとは、乾いた肌を専用のブラシでこすることでリンパの流れを促進し、セルライトを除去したり、肌の調子を整えることができるという美容法です。日本の乾布摩擦に似た美容法ですが、ドライブラッシングは暖かい部屋の中で気軽に行うことができます。

◇ドライブラッシングで期待できる効果について

▼セルライトの予防・改善・除去とダイエット効果
セルライトは、お腹やお尻、太ももなどに現れるボコボコとした脂肪の塊のことで、リンパの流れが滞り、脂肪に余分な水分や老廃物がたまるなどすることにより作られてしまいます。

セルライトは、ダイエットをして体重を減らしても無くなることはなく、マッサージで脂肪を揉みほぐしたり、リンパの流れを促し老廃物を排出することで減らすことができるといわれています。

ドライブラッシングをすることにより、肌に刺激を与えてリンパの流れが良くなることで、セルライトを除去したり予防するなどの効果が期待できます。また、リンパの流れが良くなり老廃物が排出されやすくなることで、むくみが解消されることからダイエット効果も期待できるといわれています。

▼冷え性改善
ドライブラッシングをすることで毛細血管が刺激され、血行が良くなることで体がぽかぽかと暖かくなります。続けることで冷え性改善の効果も期待できるため、冷え性の人にもおすすめの美容法です。

▼美肌効果
ドライブラッシングで乾いたブラシで肌をこすることで、肌にたまった古い角質や汚れを除去することができ、美肌効果も期待できます。毛穴のつまりも予防できるため、ニキビ予防にもなるといわれています。

▼リラックス効果
ドライブラッシングにより全身の血行がよくなることで、全身のこりがほぐれ、リラックス効果が期待できるといわれています。また、リラックスすることで安眠効果が得られる点もうれしいポイントです。

[2]ドライブラッシングのやり方とポイント

◇ドライブラッシングを効果的に行うためのポイント

▼ブラシを動かす方向
ドライブラッシングをする時にブラシを動かす方向は、心臓から遠い場所から近い場所に向けておこないます。血液は心臓から出て足先や手先に向かい、また心臓に戻っていくため、心臓から遠く、リンパや血液が滞りやすい足先や手先から心臓に向かってブラシを動かすことで、リンパや血液の流れがよくなるといわれています。

▼ドライブラッシングを行う順番
ドライブラッシングを行う順番は、ブラシを動かす方向と同じで、心臓から遠い場所から行います。上半身の場合は首から始めて、鎖骨、脇の順で行い、下半身は足の先から始めて膝裏、股の付け根と順番に行います。

▼ドライブラッシングを行う回数
ドライブラッシングでブラシを動かす回数は、1カ所につき10回から15回です。1カ所を念入りにブラッシングするのではなく、全身くまなく行うようにしましょう。

▼ブラシを動かす力加減
ドライブラッシングをする際のブラシを動かす力加減は、肌を優しくなでるように行いましょう。強い力でこすってしまうと、肌に負担がかかり逆効果になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

▼ドライブラッシングを行うタイミング
ドライブラッシングは、お風呂に入る前など肌が乾いているときに行うようにしましょう。入浴後や汗をかいた後など皮膚が柔らかくなった状態で行うと、肌を傷つけてしまう原因となってしまうため、注意が必要です。肌のバリア機能を弱めてしまい、肌トラブルの原因ともなるため、必ず肌が乾いた状態で行うようにしてくださいね。

▼ドライブラッシング用ブラシの選び方
ドライブラッシング用のブラシを選ぶ際は、合成繊維でできたものは肌に負担がかかる可能性があるため、なるべく避けるようにしましょう。

肌に優しい天然素材で柔らかくてコシのある「馬毛」、柔らかすぎず弾力のある「豚毛」、しっかりコシのある「猪毛」、とても柔らかい「山羊毛」、固めだけれど角質をよくとってくれる「植物素材」のものなど、天然素材で作られたものをを選ぶようにすることをおすすめします。

▼ドライブラッシングを行う際の注意点
ドライブラッシングを行う前に、必ず肌の状態を確認しましょう。ニキビや肌荒れ、赤く腫れたところや傷があるところにブラシをあててしまうと、肌トラブルが悪化して逆効果になる危険性があるため注意してくださいね。
ブラシと洗面用具

◇ドライブラッシングのやり方を部位別にご紹介

▼手足
手足をドライブラッシングする際は、指先から始めて、脇や股の付け根に向けてブラシを動かしましょう。上側、下側、側面と、全方面をブラッシングすることがポイントです。手足にあるリンパ節である脇下のリンパ節、膝裏のリンパ節は、特に念入りにマッサージしてくださいね。

▼ヒップ
ヒップのブラッシングはまず、ブラシを使って鼠径(そけい)リンパ節がある脚の付け根部分(そけい部)を、外側から内側にかけてマッサージしてから行います。ヒップは反時計回りに円を描くように動かした後、おしりの下から上にブラシを動かしましょう。

お尻の下や太ももの裏側などは普段あまり手の届かない場所のため、特に念入りに行うことで、セルライトの予防・解消に効果が期待できます。

▼バストとデコルテ
まずは肩にブラシを置き、そこから鎖骨に向けてブラシを動かします。次に脇の下からバストに向けてブラッシング。バストは外側に向けて円を描くようにブラシを動かしましょう。

▼ウエスト
ウエストは、一番くびれたラインを背中からおへそに向けてブラッシングします。それが終わったら、おへそ周りを時計回りに円を描くようにマッサージしてください。

▼顔と首
顔のブラッシングは顎からおでこに向けてブラシを動かすようにしましょう。順番はフェイスラインから始めて、ほうれい線、鼻の横、目の下と、外側から内側にかけてマッサージしていきます。目の周りは時計回りにマッサージしましょう。

顔が終わったら、目じりから首に向けてブラシをすべらせます。首も上から下にブラシを動かしながら、ブラッシングしていきましょう。

[3]ドライブラッシング用おすすめブラシ3選!

◇ドライブラッシング用おすすめのボディブラシ2選!

▼ニールズヤード ボディマッサージブラシ
天然猪毛(ちょもう)でできたニールズヤードのブラシ。使い心地はしっかりした感触です。裏面にはオイルマッサージ用の突起もついているため、2通りの使い方ができるのもうれしいポイント。初心者にも扱いやすいため、これからドライブラッシングを始めるという人にもおすすめのブラシです。

▼イリス・ハンドバーク ボディブラシ
こちらのブラシは肌に優しい柔らかい馬毛を使用しているため、敏感肌の人も安心してブラッシングすることができます。柄の部分が長いデザインのため、手が届きにくい背中もしっかりブラッシングすることができます。

◇ドライブラッシング用おすすめのフェイスブラシ!

▼東和産業 フェイスブラシ
柔らかな馬毛を使って作られたこちらのブラシは、安心の日本製で敏感肌にも安心して使用することができます。小さいサイズなので、顔の細かいパーツに合わせてしっかりブラッシングすることができます。

[4]ドライブラッシングを正しく行って、つるすべ素肌を手に入れよう!

ドライブラッシングは正しい手順で毎日行うことで、リンパの流れがよくなり、さまざまなうれしい効果が期待できます。「セルライトや肌のかさつきが気になるけど、手のかかる美容法をするのは大変…」と思っている人は、ぜひこの機会にドライブラッシングを始めてみてくださいね。

 

こちらもどうぞ ⇒ リラックス&簡単ダイエット
◎簡単ダイエット! 日常にひと手間加えて、ながらエクササイズで体形を変えよう
◎日帰りで熱海の温泉を楽しもう!おすすめの温泉施設13選のご紹介!

KEYWORD ;

Page Top