HOME BEAUTY&HEALTH ヨガは女性におすすめのダイエット法! 効果的なやり方と初心者でもできるポーズ5選

ヨガは女性におすすめのダイエット法! 効果的なやり方と初心者でもできるポーズ5選


ヨガと聞くとどんなイメージがありますか? 激しい運動が苦手でも続けられる、心身の健康によさそうなどで、ダイエットに作用する印象は薄いかもしれませんね。実はヨガは、女性のダイエットの強い味方になってくれる運動なんです。今回はヨガのダイエット効果や取り入れ方、ポージングなどをご紹介します。

[1]ヨガでダイエットできる?

ヨガはインドから伝わった心身鍛錬の方法です。サンスクリット語で「つながり」を意味するヨガは、心、体、魂それぞれに作用すると考えられていますが、ダイエット効果は期待できるのでしょうか? さっそく見ていきましょう。

◇ヨガは有酸素運動
運動には無酸素運動と有酸素運動があります。無酸素運動は、瞬発的に筋肉に負荷をかける短距離走や筋力トレーニングなど短時間で筋肉を鍛えるのことです。有酸素運動は無酸素運動とは逆で、継続的に弱い負荷を筋肉にかけ続ける運動のことです。運動を20分以上続けることで内臓脂肪の燃焼に効果が期待できます。
ヨガは弱い負荷をかけ続ける運動なので、ウォーキングなどと同じ有酸素運動なのが分かりますね。有酸素運動は代謝エネルギー源として内臓脂肪を使うことから、ダイエットの効果が期待できると言えます。

◇インナーマッスルを鍛える
インナーマッスルは深層部の筋肉で、成長しにくいと言われる部分です。筋力トレーニングはアウターマッスルは鍛えられますが、インナーマッスルを鍛えるのには適していません。
ヨガの独特の姿勢は、普段使わない関節や筋肉などを動かして体に負荷をかけます。同じ姿勢をゆっくり継続的に行うためインナーマッスルを鍛えることができるのです。ヨガで行う腹式呼吸もインナーマッスルを鍛えられると言われています。

 

[2]ヨガの効果とは?

◇太りにくい体質へ変化
ヨガは柔軟性を高めてくれる運動です。筋肉が柔らかくなると血液の流れが良くなり、代謝アップにつながるので太りにくい体質に変わります。

◇体の歪みを矯正
普段の生活で姿勢を崩すことに慣れると、猫背であったり骨盤に歪みが生じます。骨盤が歪むと内臓の働きが悪くなり、全身のバランスが崩れることで余計な部分に脂肪がつきやすくなります。これが原因で、ぽっこりお腹や太りやすい体質に。ヨガには体の歪みを矯正するポージングがあるので骨盤を矯正する作用も期待できます。

◇冷えの改善
冷え性の原因はいろいろありますが、血流が悪くなって手や足の先端まで血液が行き渡らず末端が冷えるためと考えられています。ヨガを行うと血流が促進し、体の隅々まで血液が行き渡るようになり、結果として冷え症改善が期待できます。

◇ストレス解消
ヨガのゆっくりと行う呼吸法はリラックス効果が期待できます。日常生活のストレスはもちろん、ダイエットで生じるストレスも大敵です。ヨガでリラックスすることで、ストレスを解消しダイエットを続けやすくなる効果も期待できます。

◇自律神経が整う
自律神経は一度乱れると整えることが難しく、体の不調につながります。自律神経の乱れはストレスや過労が原因と言われています。ヨガはリラックス状態を作り出すことができるため、自律神経のバランスを整えることができます。

 

[3]ヨガダイエットに効果的なタイミング

ヨガを行う前に注意したいポイントはタイミングです。食後すぐは内臓に負担をかけるため、ヨガだけではなく運動に適していません。また、入浴後はリラックス状態に働く副交感神経が活発なため、ゆったり過ごした方が体には優しいです。

◇始めるなら朝
ダイエットとしてヨガを取り入れるなら、が最も適しています。朝は、寝ている間に体が縮こまって硬くなっているので代謝が落ちています。代謝が落ちている朝に運動をして筋肉を柔らかい状態にしておくと、1日の代謝量を上げることができ痩せやすくなります。
朝起きてすぐよりも、まずは白湯を飲んで体の中から温めてあげてから行うと、さらに代謝を上げることができます。

◇1回20分から始める
有酸素運動で内臓脂肪が燃焼し始めるのは、運動を始めて20分後からです。ヨガは有酸素運動なので、最低20分以上続けるとダイエット効果が期待できます。初心者がいきなり2時間、3時間と長時間行うと、関節や筋肉を痛める原因になったり、ヨガに対して楽しくないイメージがついてしまうため、短時間を継続的に行う方が長い目で見ると効果を感じられる結果になります。

◇ダイエット効果は週2回
運動を始めたばかりであれば、週1回のヨガ習慣は体を慣れさせる効果があります。週2回を続けることで、体質の変化や柔軟性などを感じられるようになります。

◇最低3カ月は続ける
ヨガで消費するカロリーは30分で100kcal程度です。100kcalはご飯なら茶碗半分、ポテトチップスだと10枚ほどの量に相当します。運動量はそんなに多くないので、短期間で結果を出すことには向いていません。インナーマッスルを鍛えながら徐々に痩せやすい体にしていくので、最低3カ月以上は続ける必要があります。ヨガはすぐに効果が現れるのではなく、中・長期的なダイエットだと考えましょう。

[4]ヨガのやり方

ヨガは瞑想、呼吸法、姿勢を同時に行います。それぞれの効果とやり方を見ていきましょう。

◇瞑想する
瞑想は心身ともに休んでいる状態を作り出すため、ストレスを軽減させたり、集中力の向上、ストレス緩和に効果があるとされ、その効果は科学的にも証明されています。スティーブ・ジョブズやビルゲイツ、イチローなど多くの著名人やアスリートも瞑想を取り入れていることは有名な話です。
瞑想には特別な道具は必要ありません。慣れないうちはアロマや音楽があると瞑想に入りやすくなります。自分がリラックスできる環境を作りましょう。
やり方は次の通りです。

1,楽な姿勢で背筋を伸ばして座ります。骨盤を立てるようにして座ると、楽な姿勢が作れます。あぐらに似た蓮華座の姿勢ではなくてもリラックスできれば大丈夫です。
2,目を閉じて、手を膝や太ももに乗せます。
3,呼吸を整えます。ヨガは腹式呼吸を推奨しています。やり方は次の項を参考にしてください。
4,意識を呼吸に向けます。無の状態を作り出すのは、なかなか難しいです。まずは自分の呼吸に意識を向けて、できるだけ他のことを考えず呼吸に意識を集中させます。
5,瞑想状態からゆっくり覚醒します。急に意識を戻すのではなく、ゆっくりと覚醒させます。ハッキリした音のアラームよりも優しい音が適しています。心身ともに眠りから目覚める感覚です。

◇呼吸は腹式呼吸
呼吸法は腹式呼吸で行います。まず、鼻からゆっくり息を吸い込むと同時に、おへそを意識して空気が入っていくイメージでお腹を膨らませます。次に、お腹から空気を出すイメージで口から息を吐き出します。吐くときは、体の悪いものを出しきるように、吸う時の倍ほどの時間をかけて、ゆっくりと吐き出し、胸や肩が動かないように意識するのがポイントです。

ヨガの腹式呼吸は動画で見ることもできます。
https://www.youtube.com/watch?v=saD9lxYRm3c

◇瞑想・呼吸と合わせてポーズをとる
ヨガには様々なポージングがあります。瞑想と腹式呼吸と一緒に、悩みに合わせたポージングを取っていきます。

 

[5]家でできる簡単なヨガポーズ【動画付き】

初心者でも自宅でできるヨガポーズをまとめています。

◇チャイルドポーズ

チャイルドポーズには全身の力が抜け、リラックスさせる効果があると言われています。
正座をしたまま上体を前に倒す姿勢ですが、おしりが踵につかない人もいるようですので、この場合は足とお尻の間にブランケットを置いたり、太ももとふくらはぎの間にクッションを入れるなど工夫をしてください。

◇赤ちゃんのポーズ

赤ちゃんの時にとっていたポーズです。丸まった姿勢は腸を刺激するため便秘の改善や腰痛に効果が期待できます

◇ねじりのポーズ

体をねじる姿勢なので消化器官を圧迫して消化を促し、便秘や血流の改善、デトックスに効果が期待できます。

◇下を向いた犬のポーズ

四つんばいで下を向いた犬のような姿勢です。全身で山を表現するのに似ています。こちらは肩こりの改善、バストやヒップアップ効果、腕や太ももの引き締めに効果が期待できます。

◇橋のポーズ

腹部に働きかけるポーズなので、腰痛の改善やウエストを引き締める効果が期待できます。

[6]自分に合ったヨガスタジオを見つけよう!

東京には数多くのヨガスタジオが存在しています。ヨガスタジオといっても、一般的によく知られているものから一風変わったものまで、とても種類が豊富なため、自分に合ったものを見つけやすい半面、どのヨガスタジオを選んだらいいのか分からなくなってしまうこともあるのではないでしょうか? そこで、ここでは東京でヨガスタジオを選ぶ際のポイントご紹介します。

人気ヨガスタジオおすすめ10選!
『安い』『通いやすい』『女性にうれしい』などを用途別にご紹介

 

[7]ヨガダイエットに使えるおすすめアプリ5選

◇毎日ヨガ
動画と音声ガイダンスで初心者でも分かりやすく、続けやすいです。初心者コースは無料で利用ができ、慣れてきたら有料コースに移行できます。コースが多いのも嬉しいポイント。

◇寝たまんまヨガ
寝る前に行うヨガです。リラックスできるので、そのまま寝落ちするのが幸せという声が多数です。不眠で悩んでいる人に特にオススメ。

◇ヨガダイエット1.2.3
ヨガを基礎から学べるので初心者でも気軽にはじめることができます。ポーズは画像で表示され、痩せたい部位から選んだり、「ダイエット」「症状改善」などのコースから選択も可能です。

◇ポーズとクラス
1人で参加できるヨガ教室。ヨガインストラクターが考案したポーズが100種類以上収録されています。動画と文章で解説してあるので、忙しくてもヨガを取り入れることができます。

◇ヨガボディシークレット
ヨガ、フィットネス、瞑想、ダイエットと項目が分かれているため取り入れやすいのが特徴です。

[8]ヨガを取り入れて無理なくダイエットしよう!

いかがでしたか? ヨガを取り入れたダイエットには即効性はありませんが、女性に嬉しい効果がたくさんあることが分かりました。骨盤の歪みを改善しながら自律神経を整え、さらに体も引き締めて心も健康に! ヨガを生活に取り入れて太りにくい体質になりましょう!

《続いて読まれている関連記事》
今話題のマインドフルネスヨガってどんなもの? 一般的なヨガとの違いやその魅力とは

今話題の「溶岩ヨガ」ってどんなもの? その効果やおすすめ溶岩ヨガスタジオ8選のご紹介

HB WEB

Page Top