HOME BEAUTY&HEALTH ストレスをためないで! 楽しく健康ダイエットをしよう

ストレスをためないで! 楽しく健康ダイエットをしよう

ストレスをためないで! 楽しく健康ダイエットをしよう

「ダイエットしてるのに痩せられない」「知らないうちに体重が増えてた」。そんな経験のある人はいませんか? その原因は、もしかしたらストレスかもしれません。解決方法を知って、痩せやすい体作りをしましょう。

 

[1]ストレスとダイエットの2つの関係性

ダイエットとストレスの関係性は2つあります。1つ目は普段の生活にストレスを感じてダイエット効果が出ないこと、もう1つはダイエットそのものがストレスになっていることです。

◇ダイエットの敵はストレス太り
日常生活でストレスを感じることは少なからずあるでしょう。しかし、知らず知らずのうちにストレスを溜め込みすぎると、ストレス太りに繋がり、いくらダイエットをしても効果を得るのが難しくなります。

ではなぜ、ストレスが太る原因になってしまうのでしょうか? そこには、ホルモンが関係しています。

▼コルチゾールホルモンってなに?
コルチゾールホルモンという言葉を聞いたことがありますか? これこそがストレス太りの原因となるホルモンです。

コルチゾールホルモンはストレスホルモンともいわれ、ストレスを感じると分泌されます。ストレスに対抗してくれるホルモンなので、決していらないホルモンではありません。しかしストレスを抱えすぎると過剰に分泌し、代謝を悪くしたり他のホルモンにも影響を与え、脂肪を溜めやすく、さらには甘いものを欲するようにします。

▼ストレスの原因を分析・解決しよう
コルチゾールホルモンの分泌を抑えるには、少しでもストレスを取り除いてあげればいいのです。まずは自分の日常生活を見直し、ストレスの原因を突き止めましょう。

例えばスマホやPCから出ているブルーライトは脳に負担をかけています。使い過ぎたときは目を休ませるなどの対策をしましょう。このようにストレスの原因そのものを解決しなくても、体を休ませたり、良質な睡眠を取ることでストレスを和らげることができます。

◇ダイエットそのものがストレス?
ダイエット中、過度な食事制限や無理な運動でさらにストレスを感じることはありませんか? 過度な食事制限は栄養バランスが崩れ、返って体に悪影響をもたらします。また、痩せなければいけないというプレッシャーから、自分に合わない無理な運動をしてもストレスは増える一方です。
ストレスを溜めない自分に合ったダイエットを見つけて健康的に痩せましょう。

ストレスに悩む人

[2]ダイエットからくるストレスへの影響

◇ストレスからくる過食
ストレスを感じている時は食べたい衝動を抑えられず、食べてしまうことがあります。それはストレスを感じると、セロトニンという心を安定させてくれるホルモンが不足してしまうからです。

▼栄養バランスに気をつけて
ダイエット中でも、食べたい物を無理に我慢する必要はありません。栄養バランスに気をつければ、過度な食事制限も行わなくて大丈夫です。フルーツや野菜に多く含まれるビタミンCは他の栄養素の吸収を高めてくれるため、積極的に摂りましょう。

◇ダイエットからくるストレスはうつになりやすい

▼うつになる原因とは
うつになる原因はさまざまありますが、その一因としてセロトニンの不足が挙げられます。セロトニンは心の安定や睡眠、痛みの緩和などに作用します。セロトニンが不足してると、心の状態にも悪影響を与え、それがだんだんと悪化してうつになってしまうケースがあります。

◇生理前のダイエットはストレスの原因に
生理はダイエットにも大きく影響します。生理は月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つが周期となって繰り返すものです。中でも生理後7日~10日の卵胞期は痩せやすいといわれ、生理前の黄体期は痩せにくいとされます。黄体期にはコルチゾールの分泌が増え、さらにはホルモンバランスも崩れるためイライラします。この時期に無理にダイエットを行うと、ストレスを溜めてしまうことになるのです。ダイエットは卵胞期を狙って行うと、ストレスなく効果が得られます。

[3]ダイエットのストレスを解消しよう

実際にストレスなくダイエットを始めてみましょう。
◇カロリー計算でストレスフリーな食事ダイエット
無理な食事制限はストレスの原因になりうると説明してきました。では、食事制限をしないでダイエットするにはどうしたらいいでしょう。その答えはカロリー計算です。

まずは今食べている1日の食事カロリーの平均を計算します。ダイエットを始めたら、その合計のマイナス300キロカロリーを目指しましょう。減らし方が少ないのではないかと思うかもしれませんが、確実に体重を減らすことができます。ここで無理をしてマイナス500キロカロリーやマイナス800カロリーなどの設定はしないで、自分の生活に合ったカロリー計算をしましょう。今は簡単に計算してくれるスマホのアプリもありますので活用してみてください。

▼量は食べても大丈夫
カロリー計算をしないで、量だけ減らすと栄養バランスが偏ります。何か一品をまるまる抜くのではなく、カロリー計算をしたうえで、バランスよく食事をしましょう。

◇我慢しないでヘルシーおやつを間食に
どうしてもおやつが我慢できないときもありますよね。そんな時は我慢してストレスを溜めるのではなく、ダイエットに良いおやつを食べましょう。

▼ダイエットにいいおやつ
ダイエットに良いおやつは、カロリーが低いのはもちろん、満腹感が得られたり、よく噛んで食べるものがおすすめです。

代表的なおやつは、ナッツやドライフルーツです。ナッツは満腹感を感じやすく、美容効果があるとされ、ドライフルーツも満腹感を得やすく代謝にいいとされています。
さらにおすすめできるのは寒天です。スーパーで簡単に手に入り、充分な満腹感を得られる他、低カロリーで食物繊維も多く含まれています。
いくつか紹介しましたが食べ過ぎは禁物です。一日に食べる量を決めて、持ち歩くようにしましょう。

▼飴やガムを活用しよう
ガムや飴もおすすめです。ガムは口の中でずっと噛んでいるため、脳が勘違いをし、空腹を紛らわしてくれます。また、飴は甘いので食べたい衝動も抑えることができます。ただし、ガムと違って飴はカロリーが高めなので、食べすぎないように注意しましょう。

◇適度な運動はストレスを解消できる
体を動かすことは、脳も心もリフレッシュされストレス解消になります。ダイエットと気を張らずにリフレッシュのための軽い運動を心がけてみましょう。

▼楽しいと思える運動を
簡単に始められるのはウォーキングやジョギングです。走るのが苦手という人はダンスや好きなスポーツをやっても良いですね。運動が嫌いな人は家でバランスボールに乗って揺れるだけでも、リフレッシュかつエネルギー消費できます。ストレスを溜めないためには自分の好きなことで体を動かしましょう。

 

[4]ストレスを溜めずに健康にダイエット

ストレスを溜めながらダイエットをすることはデメリットが多く、心身共に健康を損なう可能性があります。ダイエットを成功させたいのなら、どちらの健康にも気を配らなければなりません。無理をしすぎず、自分が楽しいと思える方法でダイエットしましょう。きっといい結果を得られるはずです。

効果的なダイエット方とは? 運動や食べ物から自分に合った痩せ方を見つけよう!

ガムでダイエット効果!? 正しいやり方と注意点

KEYWORD ;

Page Top