HOME FITNESS&SPORTS 今話題のマインドフルネスヨガってどんなもの? 一般的なヨガとの違いやその魅力とは

今話題のマインドフルネスヨガってどんなもの? 一般的なヨガとの違いやその魅力とは

マインドフルネスヨガをする女性

最近耳にする「マインドフルネスヨガ」。聞いたことはあるけど実際どんな内容でどんな効果があるの?と疑問を持っている人も多いはず。 身体だけでなく心の健康も一緒に鍛える、身心ともにリフレッシュできるマインドフルネスヨガの魅力やその内容をご紹介します。

[1]マインドフルネスヨガって何?

◇マインドフルネスヨガとは…

マインドフルネスとは、一切の思考をやめて、“今”という瞬間に集中して意識を向けるヨガのことを言います。マインドフルネスヨガは、そのような状態になるために宗教性を排除した呼吸法や瞑想法を用いて行うヨガのことです。

脳は四六時中動き続け、意識的に考えなければいけないことだけでなく、感情・記憶・どうでも良いこと、など様々なものでいっぱいになっています。そうした雑念を取り払い無心になることで、ストレスを取り除いたり心理的な効果が期待できるといわれています。

マインドフルネスを取り入れることで感情のコントロールができるようになるともいわれており、現在は大企業の研修やスポーツ選手も採用しています。

◇マインドフルネスヨガと一般的なヨガとの違いは?

マインドフルネスヨガも一般的なヨガも、ルーツや基本となる考え方は同じといわれています。ヨガの本来の目的は体を動かしながらリラックスして瞑想し、ディヤーナといわれる精神状態になることです。ポーズや呼吸法だけでなく、リラックスして気持ちを落ち着かせているかどうかにも重きを置きます。

しかし、現在ジムなどで行われているヨガはフィットネス的な健康を目的としたものが中心になっており、柔軟さを身につけながら身体を鍛えていき、健康効果を高めることに重きを置いているものが増えています。

一方でマインドフルネスヨガは、健康効果より、精神的な部分に重きを置き、「今起きていること」「今の自分の状態」に気づき、身体や心の感覚に集中することを目的としています。

[2]マインドフルネスヨガのメリットとは?

◇マインドフルネスヨガで感情をコントロール

緊張している時やストレスを感じている時は、ネガティブな感情に支配され、悪い方向に気持ちが向いてしまいがちになり、さらにストレスを感じるという悪循環に陥ってしまいます。そんな時、マインドフルネスヨガで一呼吸おくことで、「今」の気持ちを客観的に把握することができ、それによって「今」自分がどんな気持ちなのか気付くことができるため、ネガティブな感情を意思の力で断ち切り、感情をコントロールできるようになります。

◇マインドフルネスヨガで集中力UP

最初のうちは浮かんでくる雑念を受け入れながら、「今」の状態に集中するトレーニングを積み、日々繰り返して行うことで集中力がアップしていきます。それによって、仕事や家事などを行う時も気を散らさず、作業に集中できるようになります。

◇マインドフルネスヨガで脳の疲れをとりストレス解消

休日に十分睡眠と休息をとっているつもりでも、なんだか疲れが取れない…そんな経験はありませんか? 仕事や勉強など脳をフル回転で使用している時以外でも、少し時間が空けばスマホをいじってしまったり、インターネットやテレビからも絶えず新しい情報がインプットされるなど、脳は絶えず働き続けており休まる暇がありません。

マインドフルネスヨガをすることによって「今」に集中し、脳が無駄に活動しないようにすることでストレスが解消されてリラックス効果が得られることにより、脳の疲れがとれるといわれています。

◇企業研修やうつ病治療に用いられることも

マインドフルネスヨガを行うことで、神経伝達物質の増加や記憶力に関与するワーキングメモリーが鍛えられ学習能力が高まることから、企業の研修などにも用いられています。また、集中して行うことで前頭葉も活性化するため、扁桃体の肥大を抑えて不安や恐怖などのネガティブな感情を少なくし、うつ病の改善にもなるともいわれています。

[3]マインドフルネスヨガの実践方法

◇マインドフルネスヨガの基本方法

1.押し上げのポーズ
両足を肩幅くらいに開いて床をふみしめ、両手を組み頭上に上げて30秒静止する。その際は鼻から息を吸い、鼻から息を吐くことを繰り返しながら呼吸に意識を集中させる。

2.たいこ橋のポーズ
仰向けになって脚を腰幅に開き、膝をたてて足裏は床にしっかりつける。そこから腰を浮か せて約30秒静止する。(この時、両手はお尻の下で床につけた状態で組んでもよい)。呼吸 を意識して、体が伸びるのを感じる。

3.前屈のポーズ
長座の姿勢から上体を脚の方に倒して約30秒静止する。膝は曲げても大丈夫なので、脚より腰を伸ばすことを優先する。腰が伸びる感覚と呼吸を意識しておこなう。

4.瞑想座法
あぐらをかき、骨盤を立てて背骨を伸ばす。目は閉じて、手を開いて上向きにして膝に乗せる。息を吸うときのお腹の膨らみと、吐くときの縮みだけに意識を向ける。

5.1から4のポーズは心ゆくまで繰り返しおこなう。

◇日常生活に取り入れる方法

マインドフルネスヨガを日常的に取り入れる方法としておすすめなのは、マインドフルネスの呼吸法を取り入れることです。通勤時間やエレベーターを待つ少しの間だけでも、背筋をのばしてゆっくりと呼吸をするだけで、高ぶった鼓動や早まった呼吸が静まり、心を冷静に保つことができます。

起床直後や帰宅直後、就寝前にもヨガの基本ポーズをとりながら呼吸をゆっくりすることを習慣づけることだけで、全身を深いリラックスで包み込みながら日々を送ることができます。

[4]マインドフルネスヨガができるスタジオ<東京編>

Zen Place吉祥寺(三軒茶屋、目黒他、都内に数店舗あり)

Zen place吉祥寺店は常温ヨガ専門のスタジオで、広々とした心地良い空間でリラックスしてヨガをすることができます(他店舗では常温ヨガとホットヨガが体験できます)。担当してくれるインストラクターは全員が全米ヨガアライアンス200時間・500時間を終了し、Zen placeが定める厳しい基準をクリアしているため、安心してヨガを教わることができます。

・住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-11 吉祥寺ナインビル3F
・電話番号:0422-27-1531

綿本ヨーガスタジオ

マインドフルネスをベースにし、基本的なヨガのポーズを丁寧に行いながら、ポーズや呼吸の身体感覚を注意深く観察していくクラスです。ポーズの取り方や呼吸、意識の向け方などを丁寧に指導してもらえるのが嬉しいポイント。ヨガが初めての人や、瞑想が苦手な人も安心して参加できるクラスです。

・住所:東京都中央区京橋3-3-13 平和ビル3F
・電話番号:03-3516-1196

[5]マインドフルネスヨガができるスタジオ<横浜編>

Zen place横浜

Zen placeは、東京だけでなく横浜にも店舗を展開しています。こちらのスタジオは駅から徒歩約5分と好アクセスなため、仕事帰りに通うのも楽ちんです。横浜店は常温とホットの広々としたしたスタジオがあり、壁一面が窓になっているため、自然光がふりそそぐ気持ちの良いスタジオで、自分と向き合いながらマインドフルネスヨガを体験することができます。

・住所:神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 永岡ビル2F
・電話番号:045-548-9344

Yuna Yoga

「わかりやすく丁寧にマインドフルネスを」がコンセプトのこちらの教室は、瞑想、呼吸法の指導を含めた、ヨガが初めての人でも納得し、満足できる丁寧で細やかな指導を行っています。スポーツクラブなどの大人数のクラスでは物足りなくなった人や、これからヨガを始めようとしている人、丁寧な指導をして欲しい人におすすめの教室です。

・住所:神奈川県横浜市中区長者町3-8-13 TK関内プラザ B1
・電話番号:※お問い合わせはフォームのみになります

[6]マインドフルネスヨガを活用して身心ともにキレイを目指そう

マインドフルネスをしながらヨガを行なうことで、普段意識しない自分自身の内面に向き合い、マイナスな感情を感じ、それを良い方向へコントロールすることがきでるようになります。また、ヨガによってボディメイクも同時に行えることから、心身共にリラックスしてキレイになれるなんて嬉しいですね。生き生きした心身を手に入れたい方は、ぜひマインドフルネスヨガを試してみてくださいね。

KEYWORD ;

Page Top