HOME FASHION 【リーボック】環境問題に配慮したサステイナブルなニューモデルが初登場

【リーボック】環境問題に配慮したサステイナブルなニューモデルが初登場

リーボック初!植物由来素材から作られた高機能性ランニングシューズ

【リーボック】は、環境問題に配慮した持続生産可能(サステイナブル)な商品開発の新たな取り組みのひとつとして、植物由来素材を使ったソールを採用した、同社初の高機能性ランニングシューズ「Forever Floatride GROW(フォーエバー フロートライド グロウ)」を2020年秋に発売することを発表しました。

「Forever Floatride GROW」とは

リーボックが誇る独自のクッショニング素材「Floatride(フロートライド)」を搭載した軽量型ランニングシューズ「Forever Floatride Energy(フォーエバー フロートライド エナジー)」をベースにしており、高機能ランニングシューズとしての性能基準を満たしつつ、環境問題に配慮されたサステイナブルな天然素材を選定しているのが特徴です。

◆アッパー
持続可能な形で調達されたユーカリ由来の素材を使用することで、高い通気性を実現しながら、使用後は自然に生分解される。

◆ソックライナー
侵入性増殖が進む地域から収穫された藻類を使用したブルームフォームを使用。天然の防臭効果を持っている。

◆ミッドソール
新たに開発された、唐胡麻(キャスタービーン、ひまし)などの天然素材を原料に採用。従来どおりの優れた軽量クッション性はキープしている。

◆アウトソール
柔軟性と耐久性を持ち、反発性の高い天然ゴムを採用。この天然ゴムは石油由来の素材ではなく、ゴムの木からサステイナブルに調達されている。

リーボックが目指す環境問題への取り組み

世界中の企業が環境に配慮した取り組みを展開しているなかで、リーボックではサステイナビリティ向上のために“[REE] GROW(リーグロウ)”と“[REE] CYCLED(リーサイクル)”の2ラインに注力して商品開発を推進。また、植物由来の素材を使用した商品の開発・製造を通して、石油由来のプラスチック素材の使用削減や商品に使用される原材料から新品のポリエステルの含量を削減して、2025年までに完全に排除していくとのこと。

[REE] GROW (リーグロウ)
植物など天然素材による商品の開発

[REE] CYCLED (リーサイクル)
リサイクル、または再利用された原材料による商品の開発・製造



info.
リーボック アディダスグループお客様窓口
TEL:0570-033-033(平日9:30~18:00)
URL:https://reebok.jp/

Page Top