HOME FASHION 【オールバーズ】カーボンフットプリント算出ツールのオープンソース化を開始

【オールバーズ】カーボンフットプリント算出ツールのオープンソース化を開始

CO₂e製品表示をファッション業界のスタンダードに

【Allbirds(オールバーズ)】は2020年4月より、製造過程から廃棄に至るまで排出されるカーボンフットプリント(CO₂e・温室効果ガス)をすべてのアイテムに表示しています。そしてこの度、この取り組みを広くファッション業界に拡げようと、カーボンフットプリントを算出できるライフサイクルアセスメント(※LCA)ツール(英語版)のウェブでの公開をスタートしました。

※ライフサイクルアセスメント(LCA):製品やサービスに対する環境影響の評価方法

「測ること」は「減らすこと」、まずは温室効果ガスの排出量を知ることから。

石油を主原料とした素材を多用してきたファッション業界。創業者でもあるティム・ブラウンがそんな業界のあり方に疑問を抱いたことをきっかけにスタートしたのが「Allbirds」です。以来、素材についても製造についても温室効果ガスの削減につとめていますが、2020年からは、専門家と共同開発したLCAツールにより製造過程におけるカーボンフットプリントを算出し、全製品での表示を行っています。この取り組みをファッション業界に拡げるべく、FreeTheFootprint.comで測定ツールをオープンソース化し公開しました。ダウンロードできるスタートガイドでは、Allbirdsの温室効果ガス削減の取り組みや計測方法、さらにはラベルデザインを入手することができます。

カーボンフットプリント表示で消費者の「モノを買う基準」が変われば、メーカーの「モノを作る基準」も変わり、温室効果ガスを出さない方法を一層工夫するはずです。「測ること」は「減らすこと」であり、地球の気候変動を逆転させる大きな一歩だと信じて、Allbirdsはファッション業界の新たなスタンダードを目指すという。

 

info.
オールバーズ
URL:https://allbirds.jp/

 

HB WEBトップへ

Page Top