HOME LIFESTYLE 東京でアイススケートを楽しもう! 2019年のおすすめスケート場10選

東京でアイススケートを楽しもう! 2019年のおすすめスケート場10選

東京でアイススケートを楽しもう! 2019年のおすすめスケート場10選

「アイススケートをやってみたいけれど、初心者でも楽しめるアイススケート場がどこにあるのか分からない…」そう思っている人のために、今回は初心者でも気軽に楽しめるアイススケート場をご紹介します。「通年楽しめる」「期間限定」「イルミネーションも一緒に楽しめる」など、目的に合わせて選べるよう詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

[1]東京には、どんなアイススケート場がある?

◇通年オープンしているアイススケート場

屋内のアイススケート場は通年オープンしているため、冬だけでなく、年間を通してスケートを楽しむことができます。また、売店やレストランが併設してある施設が多いため、一日中スケートを楽しむことができるのもうれしいポイントです。

◇期間限定でオープンしているアイススケート場

屋外で期間限定でオープンするアイススケート場では、その施設ならではの独自の催しを行っているのが特徴です。夜間はライトアップされるため、スケートをしながらイルミネーションを一緒に楽しむ事ができたり、おいしい食事を食べられる場所があったり、気軽にワンコインでレッスンを受けることができたりと、さまざまな楽しい取り組みを行っているところがほとんどです。

スケートを楽しむだけでなくアミューズメントパークのような楽しみ方もでるため、冬の思い出作りにも最適です。また、商業施設の中にあることが多く、買い物や食事の合間に気軽にスケートを楽しむことができるのもうれしいポイントです。

[2]アイススケートをする際の必須アイテム

◇ニットキャップ

アイススケート場では暖房が効いていないため、思った以上に冷え込みます。耳や頭を冷やさないためにニットキャップを持参するようにしましょう。

◇手袋

アイススケートをしていると、手が冷えてしまったり、転倒したときに冷たい氷のリンクに手を触れることがあります。手をついた時に思わぬケガをしてしまったり、手がかじかんで動かなくなるのを避けるためにも、手袋を着用することをおすすめします。

◇ダウンジャケット

アイススケート場はとても寒いため、完全に防寒でき、動きやすいダウンジャケットを着ていくことをおすすめします。

◇マフラー、スヌード

首元を温めると全身が温まるため、寒いアイススケート場ではマフラーを巻いて首元を温めましょう。マフラーはほどけると危険な場合もあるため、スヌードを使用するのもおすすめです。

東京でスケートをする人

[3]通年オープンしている東京のアイススケート場5選

◇明治神宮外苑アイススケート場

世界大会規格に準じた広大なスケートリンクが特徴のアイススケート場です。売店もあるため、お腹が空いたら暖を取りながら軽食を食べて、1日中アイススケートを楽しむことができます。また、アイススケート用品を販売している専門店が併設されているため、スケートグッズを購入することができるのもうれしいポイントです。

【住所】新宿区霞ヶ丘町11-1
【営業時間】平日:13時~18時(最終入場17時)
土・日・祝:10時~18時(最終入場17時)
【電話番号】03-3403-3458
【教室】子供向け教室あり

◇シチズンプラザ

こちらのスケートリンクは、国際規模のアイスホッケーができるほどの広さがあるため、のびのび滑ることができると評判です。また、施設の中には売店やレストランもあるため、1日中アイススケートを楽しむことができます。

【住所】新宿区高田馬場4-29-27
【営業時間】月~土:12時~19時45分
日・祝:12時~18時30分
【電話番号】03-3363-2111
【教室】子供向け教室あり

◇ダイドードリンコアイスアリーナ

都心から電車で40分ほどの場所にあるアイススケート場です。アイススケート教室やアイスホホッケーチームを有する本格的なアイススケート場ですが、一般の人も利用が可能です。都心に比べて人が少なめなので、周りを気にせずに楽しめるのもうれしいポイントです。

【住所】西東京市東伏見3丁目1-25
【営業時間】月・水・金:14時~18時
火・木:14時~17時30分
【電話番号】042-467ー7171
【教室】子供向け教室あり

◇東大和スケートセンター

ホッケーの試合も開催されるほどの広さがあるスケートリンクで、初心者から上級者までのびのびと滑ることができるのが魅力のアイススケート場です。

【住所】東大和市桜が丘1-1330ー19
【営業時間】毎月異なるため、HPでご確認ください
【電話番号】042-566ー6898
【教室】子供向け教室あり

◇江戸川区スポーツランド

リーズナブルな料金でアイススケートを楽しめる江戸川区スポーツランドのアイススケート場は、ヘルメットの無料貸し出しもあり、初心者でも安心して楽しむ事ができます。土日は駐車場が満車になり駐車制限がかかる場合があるため、訪れる際には公共機関の利用をおすすめします。

【住所】江戸川区東篠崎1丁目8-1
【営業時間】月・水・金:9時~18時
土・日・祝:10時~18時
【電話番号】:03-3677ー1711
【教室】子供向け教室あり

[4]期間限定でオープンしている東京のおすすめアイススケート場4選!

◇アリオ亀有スケートリンク

夜は幻想的なイルミネーションに囲まれながら、楽しくスケートができる期間限定の屋外リンクです。手袋やスケート靴もレンタルできるため、買い物のついでに手ぶらで立ち寄って楽しむ事ができます。

【住所】葛飾区亀有3-49-3
【開催期間】2018年11月23日~2019年2月17日
【営業時間】平日:14時~20時
土・日・祝:11時~20時
【電話番号】03-3838-4111
【教室】:なし

◇アイススケートリンク in 東京スカイツリータウン

スカイツリーを見ながら滑ることができるこちらのスケートリンクは、土・日・祝にはソラカラちゃんのグリーティングが楽しめます。また、マンツーマンのワンポイントレッスンを受けることができるため、スケートが初めての子供や久しぶりに滑る人も安心して楽しむことができるのもうれしいポイントです。

その他にも、子供が安全に滑ることができるキッズ用リンクが用意されていたり、夜はライトアップしたスカイツリーをバックに滑ることができたりと、大人も子供も楽しめる工夫が満載のアイススケート場です。スカイツリーの展望台とスケートがセットになったチケットの販売もあるため、スケートを楽しんだ後に展望台に上って眼下に広がる景色を楽しむこともできます。

【住所】墨田区押上1丁目ー13
【開催期間】2019年1月4日~3月10日
【営業時間】月~木:11時~20時
金・土・日・祝:11時~20時
【電話番号】0570-55-0102
【教室】子供向け教室あり

◇White Sacas

赤坂サカスのSacas広場に期間限定で登場するこちらのスケートリンクは、ここ限定のスケート検定があり、クリアすると限定バッジがもらえるなど、独自の楽しみ方があります。

アイスススケート場があるSacad広場には、温かいおそばやホットドッグなど、おいしい屋台がたくさん出店するので、スケートを思いっきり楽しんだ後は屋台グルメを楽しむこともできます。

【住所】港区赤坂5丁目ー3ー1
【開催期間】2018年11月23日~2019年1月14日
【営業時間】平日:12時~21時
土・日・祝:11時~21時
【電話番号】03-3588-6399
【教室】子供向け教室あり

◇MIDTOWN ICE RINK in Roppongi 

東京ミッドタウンの芝生広場に、本物の氷でできた広々としたリンクが冬季限定で出現し、都心とは思えないほどの開放的な空間が広がります。気軽に受けられるワンコインレッスンがあったり、スケート靴のまま入れる暖房の効いた休憩所があるなど、気軽にアイススケートを楽しむことができます。

夜はイルミネーションを楽しみながらナイトスケートを楽しむことができるため、大人のデートにも最適です。

【住所】千代田区有楽町1丁目1ー3
【開催期間】2019年1月7日~3月3日
【営業時間】11時~22時(最終入場21時)
【電話番号】03-3475-3100
【教室】なし

[5]目的に合わせてアイススケート場を選んで、東京で快適な滑りを楽しもう!

東京には、一年中楽しめるアイススケート場から、期間限定のアイススケート場まで、アイススケートが楽しめる場所がたくさんあります。特に、期間限定のアイススケート場は、施設ごとに独自の特徴が盛り込まれているため、たくさんの楽しい経験ができる場所となっています。皆さんも、ぜひ冬の思い出作りに、東京のアイススケート場を訪れてみてくださいね。

東京のボルダリングスタジオ9選のご紹介! 手軽に始められるボルダリングに挑戦してみよう

人気のお台場スポッチャで楽しもう! スポッチャの魅力や混雑の切り抜け方をご紹介

Page Top