HOME LIFESTYLE 冬に行きたい東京のデートスポットといえばここ! おすすめ12選をご紹介

冬に行きたい東京のデートスポットといえばここ! おすすめ12選をご紹介

冬に行きたい東京のデートスポットといえばここ! おすすめ12選をご紹介

冬は寒さで外に出るのがおっくうに感じてしまい、デートに行く場所にも悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか? そんな時は、温かい室内のデートスポットや、寒くてわざわざ出かけたくなるような冬ならではの楽しみ方ができる場所を訪れてみませんか。今回は、冬におすすめの東京のデートスポットをご紹介します。

【1】定番といえばここ! 冬に行きたい東京のデートスポット5選

◇アクアパーク品川

アクアパーク品川は、「音、光、映像、生き物たちが融合する最先端エンターテイメント施設」をコンセプトとして2015年にリニューアルした都市型水族館です。品川駅から徒歩2分という都心に位置しながら、イルカショーなどを楽しむこともできます。

また水族館の中にはイルミネーションが施され、最新のデジタルアートで描かれた無数の星やオーナメントがロマンティックな雰囲気を演出します。生き物たちが泳ぐ水槽もイルミネーションで美しく飾られ、未来的な雰囲気の中で鑑賞することができるため、デートスポットにもぴったりです。

営業時間は10時〜22時まで、入場料は高校生以上は2200円です。

◇東京ジョイポリス

お台場にある東京ジョイポリスは、定番の室内デートスポットとして高い人気を集めています。室内でありながら、迫力満点のアトラクションを20種類以上揃えており、その中でも特におすすめなのは、東京ジョイポリス内で人気NO.1の「ハーフパイプトーキョー」です。

このアトラクションでは、立った状態で2人で1つのボードに乗り、2人でタイミングを合わせながら足元のフットペダルを踏んでボードを回転させます。2人のタイミングが合えば合うほど高得点が狙えますので、協力プレイで2人の距離がぐっと縮まるかもしれませんね。

営業時間は10時〜22時まで、アトラクション乗り放題チケットは、18歳以上は4300円です。

◇ヴィーナスフォート

ヴィーナスフォートはお台場パレットタウン内にあるショッピングモールです。内装は17〜18世紀のヨーロッパの町並みからヒントを得て作られているとあって、雰囲気がよくデートにとてもおすすめです。約170店舗のショップやカフェ、レストランが充実しています。

噴水広場や教会広場など、デートにぴったりの幻想的な空間が多く点在し、天井には1日を通して青空から夕焼け、夜空へと表情を変えていく空の演出があるなど、ショッピングに疲れたらロマンチックな雰囲気の中で一休みできるのもおすすめポイントです。

営業時間は、ショッピングエリアは11時〜21時まで、レストランエリアは23時までです。

◇サンシャイン水族館

「天空のオアシス」がコンセプトのこちらの水族館は、その言葉の通り、池袋の空の近くで訪れる人々に癒しと安らぎを与えてくれる場所として人気を集めています。展示エリアは屋内と屋外に分かれており、趣向を凝らした展示を楽しむことができます。

2017年のリニューアル時にオープンした新しい展示エリアの中でも、特におすすめなのは、世界初の展示方法を試みた「天空のペンギン」エリアです。このエリアでは頭上に大きな水槽が広がり、その中を無数のペンギンたちが泳ぎ回るため、まるで都会の空をペンギンたちが飛んでいるかのような姿を見ることができます。餌やり体験やショーも充実しているため、海の生き物と触れ合う癒しデートを2人で楽しんでみてはいかがでしょうか。

年中無休で営業していますが、時期によって営業時間が異なるため、開館時間を公式サイトでチェックしてから訪れるようにしましょう。入場料は高校生以上は2,200円です。

◇東京スカイツリー

高さ634mを誇るスカイツリーは、東京の新たなシンボルとして人気を集めています。押上駅の改札から一度も外に出ることなくスカイツリータウンに行くことができるため、雨の日や寒い日も安心です。

スカイツリーの展望デッキフロアでは、地上340〜350mの絶景を楽しむことができます。また景観だけでなく、展望デッキフロアにはさまざまなコンテンツが用意されています。厚さ12mmの強化ガラスを重ねたガラス床の上に立って、真下に広がる眺望に足がすくむような体験をしたり、展望デッキフロアに設置されている実際に郵便を送ることができるポストから手紙を送ってみたりなど、2人で盛り上がって楽しみましょう。

またスカイツリーの下に広がるソラマチには約300以上の店舗が集まっており、ショッピングを楽しむことができます。レストランも充実していますのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

展望台の営業時間は8時〜22時、18歳以上の大人料金は展望デッキが2,060円、展望デッキよりもさらに上に位置している展望回廊は1,030円です。ソラマチの営業時間は10時から21時まで、レストアランフロアは23時まで営業しています。

大江戸温泉物語

【2】のんびりしたい時に行きたい! 冬におすすめの東京デートスポット3選

◇大江戸温泉物語

都内を代表するスパといえば「大江戸温泉物語」です。一歩足を踏み入れれば、江戸時代にタイムスリップしたかのような内装が迎えてくれます。江戸情緒を感じさせる縁日コーナーや、カップルで利用できる足湯など、温泉以外にも楽しめる場所があるのもうれしいポイントです。

館内着の浴衣は好きなものを選ぶことができるため、気に入った浴衣でくつろぎの時間を過ごしてみましょう。浴衣を着たまま利用できる足湯ではお台場の夜景を望むことができ、夜はムードも満点です。営業時間は11時から翌朝9時までです。入館時間や曜日によって入場料が異なりますので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

◇豊島園庭の湯

四季折々の草花が彩る日本庭園を望む「豊島園 庭の湯」には、都会の喧騒を忘れさせてくれる落ち着いた空間が広がっています。水着を着用して利用する「バーデゾーン」では、カップルで一緒にプールやジャグジーを楽しむことができます。

日本を代表する造園家、小形研三氏によって作られた日本庭園を眺めながら温泉に浸かれば、奥深い山の中の温泉に来たかのような穏やかな時間を過ごすことができるでしょう。営業時間は10時〜23時、入館料は2310円、18時以降のナイトスパ料金は1295円です。

◇スパ・ラクーア

スパラクーアは、後楽園の東京ドームシティ内にある商業ビル「ラクーア」にあるスパです。ラクーア内のスパゾーンは男女別々ですが、ヒーリングバーデという岩盤浴や低温サウナが楽しめるエリアはカップルで一緒に楽しむことができるスペースになっています。

ヒーリングバーデ内の惺空洞(せいくうどう)と呼ばれるサウナは、内側がプラネタリウムになっており、カップルで星空を眺めながらサウナを楽しむことができます。また、彩輝房(さいきぼう)と呼ばれるサウナは、ゆっくりと壁の色が変わっていくカラーサウナとして知られています。セイント鉱石とカラーセラピーの要素で、リラックスした時間を過ごしましょう。

営業時間は、11時〜翌朝9時までです。入館料は、18歳以上は2850円となっています。

【3】アートに触れたい時はここ! 冬におすすめの東京デートスポット2選

◇GINZA SIX

GINZA SIXは、世界クラスのラグジュアリーブランドと注目グルメが集まる商業施設として、銀座中央通りに面する銀座6丁目に位置しています。銀座エリアの複合施設としては最大級の面積を誇り、ファッション、フード、ライフスタイルなど、さまざまなジャンルのショップが約24店舗集まっています。

GINZA SIXを象徴する2階中央の大きな吹き抜け空間には、世界的なアーティストによるアート作品が展示され、ショッピングしながらアートに触れることができます。グランドオープンから2018年3月まで期間限定で展示されていた草間彌生氏によるかぼちゃモチーフのインスタレーション(空間アート)は、来館者に強い印象を与えました。

その後はダニエル・ビュレン氏やニコラ・ビュフ氏といった有名アーティストの作品が期間限定で展示されるなど、さまざまな作品の展示があるため、訪れた際にはその時期にしか見ることができない作品群もチェックし、アートに触れてみてくださいね。

◇teamLabPlanets

豊洲にある「チームラボ プラネッツ」は、体験要素の大きいアート作品です。プロジェクションマッピングなど最新技術を駆使して色とりどりのインスタレーションを発表することで知られるアート集団「チームラボ」の作品は、世界的に高い評価を得る一流の作品群です。

体ごと作品に没入して自分の体と映像作品との境界が曖昧になっていくかのような不思議な感覚の中でアートを楽しむことができます。インスタ映えするフォトジェニックな作品ばかりが展示されていますので、写真を撮るのが好きなカップルにもおすすめです。

時期によっては混雑する場合もあるため、チケットを予約する時は、2日前までにネット予約を済ませておくとよいでしょう。開館時間は、平日は10時から22時まで、土日祝日は9時から22時までです。チケットの値段は時期によって異なりますので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

【4】ロマンティックに過ごしたいなら! 冬におすすめの東京デートスポット2選

◇コニカミノルタプラネタリウム満天

池袋にあるこちらのプラネタリウムは、大人もロマンチックに楽しめるプラネタリウムとして人気を集めています。一般的にプラネタリウムは1シートに1人ずつ座って鑑賞することが多いですが、ちらのプラネタリウムでは、「雲シート」「芝シート」と呼ばれる寝転びながら鑑賞できるシートが用意されているのが特徴です。

雲のようにふかふかなソファベッド型シートで鑑賞すれば、お互いにぴったりくっついてロマンティックなムードで楽しむことができるでしょう。上映されるプラネタリウム作品によって料金は多少変動しますが、2人合計で3500円〜4200円の価格で雲シート、芝シートを利用することができます。

◇丸の内イルミネーション

冬は寒くて外を歩くのがおっくうに感じることもありますよね。しかし冬だからこそ外で楽しむことができるのが、ロマンティックなイルミネーションです。東京の冬の風物詩といえば、11月から2月中旬まで開催されている「丸の内イルミネーション」です。

有楽町と大手町を繋ぐ約1.2kmに及ぶ丸の内仲通り沿いの街路樹200本が、上品に輝きます。2人で身を寄せ合ってこのイルミネーションの下を歩けば、ムード満点のデートができるでしょう。東京駅丸の内南口から徒歩1分でいくことができますので、仕事帰りデートにもとてもおすすめです。

【5】2人の距離がぐっと縮まる素敵なデートを

今回は、冬におすすめの東京のデートスポットについてご紹介しました。寒い冬だからこそ、お互いの距離がぐっと縮まるデートをしてみませんか? ご紹介したデートスポットを訪れて、ムードたっぷりな素敵な時間を過ごしてみてくださいね。

東京でアイススケートを楽しもう! 2019年のおすすめスケート場10選

日帰りで熱海の温泉を楽しもう!おすすめの温泉施設13選のご紹介!

Page Top