HOME LIFESTYLE 「立つだけ」はダイエットにも効果的! スマートウォッチのスタンドリマインダーを守るべき理由

「立つだけ」はダイエットにも効果的! スマートウォッチのスタンドリマインダーを守るべき理由

記事提供:スマートウォッチライフ

Apple Watchをはじめとした多くのスマートウォッチで採用されている「スタンド」のリマインダー。一定時間デスクなどで動かずにいると、「スタンドの時間です! 立ち上がって1分間ほど動きましょう」といった表示やバイブレーションで伝えられる通知のことです。仕事に集中しているときなどは、「いちいちうるさいなぁ」と無視している人も多いでしょう。ですが、「立つ」ことには健康に様々なプラスの影響を与えてくれるんです! 

立つことは生活習慣病の予防につながる

Apple Watchの公式サイトでは、立つことが健康に与える影響について、「座りすぎは健康問題の一因となることがあります」「座っている時間を減らすことは、血圧を下げ、活力を高め、心疾患のリスクを低下させることにつながります」「長時間にわたって座り続けることは、2型糖尿病を進行させる一因となることがあります」と説明しています。定期的に立つことは、まず生活習慣病などの予防につながるわけです。

腰痛の予防・改善の期待も!

そして定期的に立つ習慣を持つことは、腰痛の予防にもつながります。たとえば、こちらの医師監修の記事『慢性的な痛みから解放されるために新年にすべき4つのこと』では、「一般的に、立っている姿勢を比較して、座っている姿勢は、腰に約3倍の負担がかかる」と書かれています。デスクワークで腰痛が辛い……と思っている方は、スマートウォッチのスタンドリマインダーを守ることで、腰痛が改善する可能性もあるわけです!

同僚と話にいくことで、心身のリフレッシュも!

デスクワーク中心の仕事においては、定期的に立ち上がることは気分のリフレッシュにもつながります。Apple Watchの公式サイトでも「水を飲みに行ったり、ストレッチをしたり、同僚のデスクに立ち寄ったり。小さなことに思えるかもしれませんが、定期的に体を動かすことは、あなたの活力を維持し、作業の効率を高めることにつながります」と解説がありましたが、この点は多くの人が実感できるのではないでしょうか。

立つ時間を長くすれば、フルマラソン並みのカロリーを消費!

また、立ち上がることはカロリー消費にもつながり、ダイエットにも役立ちます。立ち上がることは動き回ることにつながるので、より多くのカロリーを消費できるようになるわけです。また、イギリスの大学の研究では、「週5日間、1日3時間立つ時間を確保すれば、年に10回フルマラソンを走るのと同じくらいのカロリー消費量を得られる」という見解もあります。(参考)「立っているだけ」と聞くと、何もしていないように感じるでしょうが、姿勢をまっすぐ保った立ち姿勢は、体の様々な筋肉を使います。特に、体幹のバランスをとるインナーマッスルを使うため、健康を保つのにも効果的といえるんです。

「スタンド」リマインダーは多くのスマートウォッチが搭載!

「筋トレは面倒」「ジョギングなどの有酸素運動は疲れるからイヤ」という人も、このようにスマートウォッチのスタンドリマインダーを守るだけで健康な体に近づけて、ダイエットの効果も期待できます。運動不足で健康への不安を感じる人は、「スタンドリマインダーが届いたら立つ」という習慣をまずは身につけてみましょう! 座り過ぎを防ぐ通知機能は、おなじみのApple Watchから、格安・高性能のXiaomi Mi Band 4まで、多くのスマートウォッチに搭載されていますよ。



<スマートウォッチライフの関連記事>

パソコンの使いすぎで固まる腕をほぐす 「前腕屈筋群のストレッチ」 オフィスでできるすっきり「1分」エクササイズ Vol.25

「ブルガリアンスクワット」であっという間に美尻に変身!オフィスでできるすっきり「1分」エクササイズ Vol.23

新型コロナ対策で外出自粛&運動不足の方に! 室内でできるYoutubeの体操動画を紹介



HB WEBトップへ

Page Top