HOME LIFESTYLE おしゃれキャンプを楽しむためのポイントって? おすすめキャンプ場もご紹介

おしゃれキャンプを楽しむためのポイントって? おすすめキャンプ場もご紹介

おしゃれキャンプを楽しむためのポイントって? おすすめキャンプ場もご紹介

キャンプといえば、「自然を楽しむためのアウトドア」「テントの中は荷物と寝袋」「トイレは汚くても我慢」というようなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし近年、『おしゃれキャンプ』と呼ばれる一風変わったキャンプが話題になっています。そこで今回は、知れば知るほど興味がわいてくるおしゃれキャンプについて、詳しくご紹介していきます!

[1]おしゃれキャンプって何? そのポイントをご紹介

◇おしゃれキャンプとは

「おしゃれキャンプ」とは、便利でおしゃれなキャンプギアで彩った、個性的でセンスあふれるキャンプのことを言います。
自慢のキャンプサイト(スペース・場所)を、今はやりのインスタグラムなどに載せて楽しんだり、自分のお気に入りのアイテムばかりを集めた居心地のいい空間で、最上級のキャンプを楽しむことができます。

◇キャンプ場やアイテムが大事? おしゃれキャンプを楽しむためのポイントとは

▼おしゃれなキャンプ場
おしゃれキャンプをする場合は、キャンプ場にもしっかりこだわる場合が多いです。ロケーションはもちろん、トイレや炊事場がきれいなキャンプ場を選んだり、お風呂やシャワーがついた高設備のキャンプ場を選ぶなど、細部にまでこだわるのがポイントです。

気分が上がるお気に入りのキャンプ場を見つけて、おしゃれキャンプを楽しんでみてください。

▼おしゃれアイテム
おしゃれキャンプでは、さまざまなおしゃれなアイテムを組み合わせて自分だけのキャンプサイトを作り上げます。見た目だけでなく、使い勝手や機能性にもこだわったアイテムを使い、モデルルームや高級ホテル顔負けのキャンプサイトができた時は、つい自慢したくなってしまうもの。

インスタグラムなどにアップして紹介するのも、おしゃれキャンプの楽しみ方の一つでしょう。

▼おしゃれな料理
おしゃれキャンプで食べる料理は、従来のキャンプのイメージを覆すようなおしゃれな料理ばかり。便利な調理器具を持ち込んで、手の込んだ料理を作ったり、カフェのような色鮮やかな料理作るなど、壮大な自然を満喫しながら贅沢でおしゃれな料理を楽しみましょう。

[2]テントやテーブル、キッチンも! おしゃれキャンプを楽しむためにこだわりたいアイテム

おしゃれキャンプは、『便利なアイテム』『使いやすいアイテム』『おしゃれなアイテム』があってこそ作り上げることができます。ここからは、おしゃれキャンプを楽しむためにこだわりたいアイテムについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

◇おしゃれキャンプを楽しむためのテント
キャンプといえば、まずはテント。テントは外観を左右する重要なアイテムの一つです。選ぶ際は自分の作り上げたいキャンプサイトをイメージして慎重に選びましょう。

▼ドーム型テント

キャンプをする上で主流のテントといえば、ドーム型テントです。丸いフォルムは風に強く、キャンプ初心者でも安心して使えます。値段もピンキリなので、予算などに合わせて選ぶと良いでしょう。タイプも機能性もさまざまなので購入の際はよく吟味してくださいね。

・コールマン テント タフワイドドーム4/300[4~6人用]
amazonはこちら

▼ティピー型テント

三角錐の形がおしゃれなティピー型テントは、天井が高く、圧迫感が少ないのが特徴です。中心にポールを立てるだけで設置できることから、かわくて手軽におしゃれキャンプが楽しめると今話題のアイテムです。

・ロゴステント Teepeeナバホセット
amazonはこちら

◇おしゃれキャンプを楽しむためのタープ
日差し除けや雨除けなどに使えるタープですが、その下におしゃれなテーブルやチェア、ラックなどを置いてリビングのようなくつろぎの空間にするのも、おしゃれキャンプの楽しみ方の1つです。

▼テントと色合いを合わせるのがおすすめ

タープはテントと色合いを合わせておくと、その下に置くアイテムの色を考えやすくなります。多少派手な色合いのアイテムを置いても、タープさえ色があっていればまとまり感が出るのでおすすめです。

・DODナチュラルタープ ヘキサタープUVカット
amazonはこちら

・HELINOX HOME コンフォートチェア
amazonはこちら

◇おしゃれキャンプを楽しむためのテーブル
おしゃれキャンプでは、チェアと合わせたテーブルもとても大事です。ファミリーで使うなら座って食べられるロースタイルのもの、大人のキャンプなら立ったまま周りを囲めるハイスタイルのものと使い分けても良いでしょう。

▼ウッド調がおすすめ

おしゃれキャンプのテーブルといえば、ウッド調のものがおすすめです。テーブルをウッド調にするだけで、キャンプの雰囲気がグッと増します。テーブルではなくて、ワインの木箱を使うといったテクニックもあります。

・コールマンテーブル ナチュラルウッドロールテーブル
amazonはこちら

・キャプテンスタッグテーブル CSクラシックス FDパークテーブル
amazonはこちら

◇おしゃれキャンプを楽しむためのランタン
キャンプの夜を優しい光で照らしてくれるランタン。ランタンはおしゃれキャンプの夜を演出してくれる大事なアイテムなので、しっかりと吟味して選ぶことをおすすめします。全て同じランタンで統一しても良いですが、置く場所に合わせて変える演出もおしゃれです。メインのランタンの他に2、3個用意しておくのがベストでしょう。

ランタンの種類は使い勝手が良い『LEDランタン』。昔ながらの趣がある『灯油式のランタン』、小さな光でほんのり照らしてくれる『ガス式スモールライト』など、さまざまな種類があります。自身のキャンプサイトに合ったランタンを選んでみてくださいね。

▼火を灯すタイプがおすすめ

おすすめは、やはり火を灯すタイプのランタン。火を灯すとキャンドルのように見えるランタンもあるので、夕食のテーブルに並べてもおしゃれです。おしゃれなランタンは、キャンプの夜を幻想的に照らしてくれること間違いなしですよ。

・コールマン ランタン ルミエールランタン
amazonはこちら

・コールマンランタン クアッドマルチパネルランタン
amazonはこちら

◇おしゃれキャンプを楽しむためのマットやコット
通常のキャンプの場合、寝袋を使うことが多いですが、おしゃれキャンプでは良質な睡眠にもこだわってコットやデイベッドを使うのもポイントの一つです。また、コットやデイベッドを使うと直接地面に触れない為、冷え防止にもなるためおすすめです。

▼エアベッドがおすすめ

マットにするなら、エアベッドがおすすめです。キャンプに来ているにも関わらず、自宅のベッドに近い寝心地が得られます。収納時もコンパクトに収まるので持ち運びも便利です。

・ロゴス エアベッド エアベッドオート
amazonはこちら

・コールマン コンバータ コット
amazonはこちら

◇おしゃれキャンプを楽しむためのラグやブランケット
テントの中やシートの上、チェアやマット、コットの上などをラグやブランケットで彩るとおしゃれキャンプ感がグッと増します。

▼エスニックやメキシカン柄がおすすめ

アウトドア感を出したいなら、エスニックやメキシカン柄がおすすめです。

・宮廷風 フリンジ付き 綿製品のブランケット
amazonはこちら

キャンプのおしゃれ料理

◇おしゃれキャンプを楽しむためのキッチングッズ
[1]でも述べたように、おしゃれキャンプでは作る料理も本格的ですが、本格的な料理を作るためにはそれなりのキッチン設備が必要になります。せっかくなら、キャンプとは思えないような便利でおしゃれなキッチンを自身でスタイリングしてみましょう。また、料理を盛り付ける食器にもこだわるのがおしゃれキャンプのスタイルです。

▼オールインワンタイプのものがおすすめ

何を揃えれば良いか迷ったら、バーナー台や調理台、収納棚やツールハンガーなどがついたオールインワンタイプのものを選ぶと間違いないでしょう。バーナーはツーバーナータイプのものがおすすめです。

・コールマン テーブル コンパクトキッチンテーブル
amazonはこちら

▼食器は素朴な色合いがおすすめ

おしゃれキャンプの料理を盛り付ける食器は、おしゃれな料理を引き立てる素朴な色合いがおすすめです。素朴な色合いの食器や木製の食器類に色鮮やかな料理を盛ると、おしゃれカフェのようなキャンプ料理の出来上がります。

・LOGOS ナバホ パーティー箸付き食器セット4人用
amazonはこちら

◇おしゃれキャンプを楽しむための焚火台
キャンプの夜を盛り上げてくれるものといえば、キャンプファイヤーですよね。そんなキャンプファイヤーですが、最近では直火禁止のところが多いので焚火台を使うのが主流となっています。

▼グリルにもなる2wayタイプのものがおすすめ

「キャンプファイヤーのためだけに荷物が増えるのはちょっと…」という人でも大丈夫。最近の焚火台は、グリルにもなる2wayタイプのものもあります。昼間はバーベキューに、夜は焚火台として使うことができるので、一つあるととても便利です。

・DOD 秘密のグリルちゃん 焚火台 BBQグリル
amazonはこちら

◇おしゃれキャンプを楽しむためのガーランドやウインドスピナー
自身のキャンプサイトをより自分らしく飾り付けたいのであれば、ガーランドやウインドスピナーを使用するのがおすすめです。

▼夜に光るものがおすすめ

夜になると光るタイプのものにすれば、暗闇の中でも自身のキャンプが見つけやすくなるという利点もあります。

・コールマン ライト ガーランドストリングライト
amazonはこちら

・COM-SHOT ウィンドスピナー
amazonはこちら

このように、おしゃれキャンプをする場合は、使用するアイテム一つ一つにこだわると良いでしょう。どのようなキャンプサイトにすれば良いかなかなか思いつかない場合は、インスタグラムなどを見てみることをおすすめします。
お手本になるようなおしゃれキャンプがたくさんアップされていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

[3]インスタ映えも狙える! おしゃれキャンプにおすすめのキャンプ場6選

「どうせなら、ロケーションや設備などが整った素敵なキャンプ場でおしゃれキャンプがしたい!」。そんなあなたに、おしゃれキャンプにおすすめのキャンプ場をご紹介していきます。

◇【神奈川】相模湖プレジャーフォレスト パディントンベア・キャンプグラウンド
相模湖リゾートプレジャーフォレスト敷地内にあるキャンピンググラウンドです。丘の上に広がるキャンピンググラウンドは見晴らしも最高。コテージやキャビン、トレーラー、オートキャンプサイト、常設テントサイトなどさまざまな宿泊施設があります。

遊園地や温泉なども併設されているので家族連れでも楽しめること間違いなし。季節に応じてイベントなども行っているのでHPでチェックしてみてくださいね。

▼詳細
【住所】神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
【電話】遊園地:042-685-1111、キャンプ場フロント:042-685-0917
【HP】https://www.pica-resort.jp/paddington/

◇【神奈川】青野原オートキャンプ場
自然いっぱいの道志川流域にあるオートキャンプ場です。川遊びはもちろん、アユ釣りやマスのつかみ取りなど、都会ではできない自然の中での遊びを体験できます。近くには滝があったり、野鳥がたくさん生息していたりと、非日常の中で癒されてみてはいかがでしょうか。こちらも、季節に応じてイベントなどを行っているので、HPをチェックしてみてくださいね。

▼詳細
【住所】神奈川県相模原市緑区青野原918-1
【電話】042-787-0477
【HP】http://www.aonohara-acl.jp/index.html

◇【東京】氷川キャンプ場
奥多摩の大自然を満喫できるキャンプ場です。ロッジやバンガローといった宿泊施設、カフェやバーベキューハウスもあり施設が充実していますが、もちろん持ち込みのテントを張ることもできます。多摩川の河原にあり、川遊びなども楽しむことができるので、家族連れにもおすすめです。

氷川キャンプ場の近くでは、シーカヤックやカヌーの体験教室もあるので体験してみてはいかがでしょうか。都心からほど近いのもおすすめのポイントです。

▼詳細
【住所】東京都西多摩郡奥多摩町氷川702
【電話】0428-83-2134
【HP】http://www.okutamas.co.jp/hikawa/

◇【埼玉】長瀞オートキャンプ場
広い河原を利用したオートキャンプ場と、清潔で充実した設備が魅力のキャンプ場です。オートキャンプ場の他にも、グランピングやバンガローといった宿泊施設もあります。キャンプ場のすぐ脇を流れる荒川は、子どもでも安心の浅瀬があり大自然の中での川遊びが楽しめます。大人も子供も楽しめるキャンプ場です。

▼詳細
【住所】埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
【電話】0494-66-0640
【HP】http://www.nagatoro-camp.com/

◇【群馬】オートキャンプ 北軽井沢スウィートグラス
自然を存分に感じることができるキャンプ場です。アスレチックやトランポリン広場、ハイジブランコなど子どもが楽しめる設備が充実。トイレや炊事棟などの水回りもきれいと、女性にも評判です。また、キャンプサイトも種類が豊富なので、「次は違うキャンプサイトでキャンプをしたい」と、ついまた訪れたくなってしまうキャンプ場です。

▼詳細
【住所】群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
【電話】0279-84-2512
【HP】http://sweetgrass.jp/

[4]ポイントを押さえて、他の人と一味違ったおしゃれなキャンプを楽しもう!

おしゃれキャンプの成功の秘訣は、キャンプ場とグッズ選びにあります。一見難しそうに思えますが、ポイントを押さえてしまえば意外と簡単にできるもの。いきなり完璧に!とはいかなくても、少し工夫をするだけで自分だけの素敵なキャンプサイトが出来上がります。他とは一味違ったおしゃれキャンプで、ぜひ素敵な思い出を作ってみてくださいね。

関東近郊でグランピングするならここ! ぜいたくキャンプができる宿13選のご紹介

Page Top