【浅見れいな】私らしく、しなやかに生きる HB’s Cover Lady

HB17_cover

HB_cover_forB

 

目次

美しい身体、内面の輝きは、スポーツを続けることによって自然と生まれてくる

ストレスフルな現代において、健やかな毎日を送ることは簡単なようでいてすごく難しい。落ち込んだり、ときに立ち止まったり。それぞれ悩みを抱えながらも、自分にとってのベストな方法を模索しながら生きている-。10 代の頃からモデル・女優として活躍、同世代の憧れの存在であり続ける浅見さんも、そんな生き方を体現してきた1 人だ。

ランニング好きとしても知られ、身体を動かすことを常としてきた彼女は、どんなビジョンをもって心地よいライフスタイルをデザインしてきたのだろう。昨年、出産という人生の大きな節目を迎え、さらに輝きを増して帰ってきた彼女に、自分らしくしなやかに生きるためのコツを聞いた。
※浅見れいなさんのインタビューは本誌でご覧ください。

PHOTO Tomoaki Shimoyama / ST YLING Kumiko Sannnomaru KiKi inc. / HAIR&MAKE Mariko Adachi / MODEL Reina Asami

 

浅見れいな122

 

浅見さんのヘルシーな生き方とも呼応する、ステラ・マッカートニーのデザイン哲学。サステイナブルな素材使い、ミニマルな柄のあしらいに、ブランドのこだわりが伺える。

浅見れいな125

 

ブラの上にさっと羽織ったジャケットは、さりげないバックのロゴが印象的。流れるようなシルエットに加え、ナイロンの艶やかな質感がエレガントで、日常着としても重宝する。浅見れいな127

浅見れいな126

 

身体を労わり、呼吸に耳を済まし、コンディションを把握する。そこから健やかな日々がスタート

Tシャツ×ショーツのDOな着こなしには、ナイキのランニングシューズ、エピック リアクトフライニット 2を。シースルーのジャケットを重ねることで、シーンを限定しない装いに。

浅見れいな128

 

「女性らしい柔らかな配色にときめく」と浅見さんがラブコールを送る、エミヨガのウエア。春色のブラトップは、パープルのアラジンパンツを合わせてリラックスさせて。

浅見れいな129

 

何を美徳として生き、どんなライフスタイルを送っているか。所作にも“ らしさ” は宿る

浅見さんの成熟した美しさを引き立てる、3.1フィリップ リムのエキゾチックなドレス。風合いあるテキスタイルを、ウエストの大胆なカットとストライプがモダンに引き締める。

浅見れいな181

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる