【ナイキ】OFF-WHITE ラバー ダンクが登場

≪ナイキ×OFF-WHITE ラバー ダンク ¥21,000+tax≫

2020 年2 月に誕生した【ナイキ】OFF-WHITE ラバー ダンクは、ナイキ ペガサス シリーズの要素とナイキ ダンクを掛け合わせたもので、技術的イノベーションを続けるナイキのレガシーを誇ると同時に、スケートボード界における取り組みの歴史を称えている。
ファッションブランド/OFF-WHITEのデザイナー、ヴァージル・アブローは次のように話している。「エアを強調することは、コラボレーションの初期にも行なっていました。このシューズは過去のアイディアを新しい時代に活用しようとするもので、目的を持ち、カルチャーにあったデザインをすることで新しいものを生み出そうとします。」このシューズの登場は、スケートボード競技が東京で開催される、スポーツモーメントに登場するタイミングに合わせたもので、スポーツの歴史的な瞬間を結びつける役割を果たしている。これはまるで、記憶の中ではアトランタのトラックを金色のスパイクが駆け抜けるイメージと、フィラデルフィアのラブパークのボードの上で見かけたエア マックス 95 のイメージと同じくらい強い印象として残したことにも通じている
かかとから見えるエア バッグが、全体のデザインを引き締め、エア ユニットは隙間を深めにくり抜いて屈曲性を高めたソールの中に配置され、テクニカルなイノベーションを持つ一方、ラバーのカップソールにエアが見えると言う稀なデザインにもなっている。アブローは次のように話している。「現代のフットウェアで最高の発明の1つが、エアをクッション要素として使う、というナイキのアプローチであると言っても過言ではありません。エアはイノベーションがどんな見た目になるのか、と言う私の認識の根底に存在します。」アッパーの形は90年代後半から2000年代初頭のテクニカルなランニング シューズを参考にしている。ナイキ デザイン ディレクター オブ コラボレーションズのジェラルド・サリバンは次のように話している。「この時代のランニング シューズに見られた、素材を余分に重ねたり、ずらしたり、プリントを使ったりするのがとても好きでした。」ラバー ダンクのカラーは、異なる時代を参考にした3つのバージョンが展開される。ゴールドは96 年のアトランタをイメージし、ホワイトは2000 年代の一般的な初展開プロダクトのカラーを踏襲、3つ目はブラックです。アブローは次のように話している。「ブラックのスニーカーは私が毎日のように履いている定番スタイルです。

ナイキ×OFF-WHITE ラバー ダンクは10月1日にSNKRS、NIKE.COM、NIKELAB MA5、DSM GINZA、その他一部の販売店で発売予定で、プレスクールとトドラーサイズも同時発売予定。また、今回の商品は地域ごとに展開カラーが異なり、日本ではユニバーシティ ゴールド カラーのみの展開となる。

info.
ナイキ オフィシャルWEB URL:NIKE.COM
ナイキ カスタマーサービス TEL:0120-6453-77

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる