ソムリエがおすすめする生産地別ワイン15選


お店で飲むのはもちろんのこと、家での晩酌や、ちょっとしたプレゼントにも最適なワイン。しかし、種類が多過ぎて何を選んだらいいのか分からないという人も多いと思います。三国ワインが日常的に飲酒する男女を対象に行った「ワインに関する調査」によると、過半数の人が「ワインリストを渡されて困った経験がある」と回答しました。とりあえず二番目に安いワインを注文してしまう人、困惑してしまう人、お店の人のおすすめをそのまま注文してしまう人がいることが明らかに。
そこで、世界11カ国以上の主要な産地のワインを扱う三国ワインから、スペイン、フランス、イタリア、チリ、アメリカの生産地別に、おすすめのワインを3選ずつ、計15種類ご紹介。ソムリエの資格を持ち、三国ワインのブランドマネージャーを務める小坂孝明氏が、各ワインについて解説します。生産地ごとの特徴を知って、自分好みのワインを見つけてみてください。

【調査概要】
■ワイン選びで重視するのは「種類」「味」「価格」
約6割がワインの産地を気にして選んでいる
■過半数がワインリストを渡されて困った経験あり!
自宅用・プレゼント用のワイン選びで困ったという人は、6割以上

・調査対象者:月に1回以上飲酒する全国20代~50代の男女 500名
・調査実施日:2021年8月17日~19日
・調査主体:三国ワイン

〈スペイン産ワイン3選〉

まずは、スペイン産ワインをご紹介します。スペインはイタリア、フランスと並ぶワイン大国で、赤ワイン、白ワイン、カバ(スパークリング)、甘口、シェリーなど多様なスタイルのワインが存在します。世界で人気のカジュアルなタパススタイル、パエリヤ、エスニックや、洗練されたレストランでのお料理など、様々な料理に合わせられる点が人気です。低価格でも十分においしいワインが揃っていますが、真価を発揮するのは実は2000-3000円以上のワイン。高級ワイン産地のフランス・ボルドーや、アメリカ・カリフォルニアなどと比べると価格以上の品質のワインが見つかるのも一つの特徴です。その中でも、赤ワインで有名なリオハはカジュアルに楽しむタイプから希少価値の高いレアなものまで見つけることができます。評価の高い世界トップクラスのワインもポケットマネーで楽しむことができ、プレゼント用にレアなワインも探しやすい産地です。

(写真左から)
1.インペリアル グラン・レセルバ
ワインスペクテーター誌にてスペイン初のNo.1を獲得し、スペインワインの歴史を変えたワイン。クネはスペインの国旗をモチーフにしたロゴの使用が認められた唯一の企業であり、そのフラッグシップであるインペリアルはスペイン王室御用達であるなどスペインを代表するアイコニックワインと言える。良い作柄のヴィンテージのみ生産し、品質に見合わない原料は下のクラスに回すほど品質には強いこだわりを持っています。
また、C.V.N.E.社は「将来を見据えてワインを造る」という理念の下、インペリアルは19世紀に設置された歴史のあるセラーで熟成され、すぐに飲んでもおいしく、さらに素晴らしい長期熟成のポテンシャルをも感じさせてくれるワインとなります。色は深いルビー色で、香りはブラックベリー、レッドベリー、リコリス、シナモン、バルサミコ。しっかりとした果実味とベルベットの様な滑らかさ、深みのあるワインです。また、ソフトで洗練されたタンニンがあり、柔らかい口当たりと長い余韻のあるバランスの良い味わいです。十分に熟成した飲み頃のワインのみがワイナリーから出荷されるので、常に最高の味わいが楽しめます。
【参考小売価格】¥8,800(税込) 【タイプ】赤・フルボディ 【品種】テンプラニーリョ、グラシアーノ、マスエロ 【アルコール度数】14%

2.クネ クリアンサ
世界No.1を獲得したクネの果実味溢れるスタンダードワイン。樹齢30~40年の古樹から収穫したぶどうを使用し、アメリカンオーク樽で12ヵ月熟成しています。口当たりはエレガントで、かつ若々しいスパイスの香りとバランスの良い酸味が見事に調和しています。ポークソテーや鶏のトマト煮込みなど、幅広い料理に合わせることができます。各ヴィンテージにて高い評価を獲得し続けているワインです。
【参考小売価格】¥1,562(税込) 【タイプ】赤・ミディアムボディ 【品種】テンプラニーリョ、ガルナッチャ、マスエロ 【アルコール度数】13.5%

3.パゴス・デル・ガリア ゴデーリョ
ガリシア原産の高級品種ゴデーリョのなめらかな白ワイン。「飲めば飲むほど、ますますその魅力に気付く」とジャンシス・ロビンソンMWを唸らせた品種です。フレッシュな柑橘系と魅惑的な花の香り、桃やミネラルのアロマ。青リンゴやライムなどのフレッシュな味わいに、5 ヵ月間のシュール・リーによる複雑さが加わっています。なめらかなテクスチャーと長い余韻が印象的です。
【参考小売価格】¥2,783(税込) 【タイプ】白・辛口 【品種】ゴデーリョ 【アルコール度数】13.5%

〈フランス産ワイン3選〉

続いて、フランス産ワインをご紹介します。フランスは世界で最も歴史があり、シャンパーニュ、ブルゴーニュ、ボルドーという、誰もが知っている産地のある国です。伝統に裏付けされた高い品質が約束されていますが、世界中の高い需要で年々価格が上がっています。20-30年前にはある程度安価で楽しめるワインの代名詞だったシャブリは中-高級ワインの仲間入りし、比較的購入しやすい価格だったボルドー5大シャトーのワインも現在では当時の10倍以上に跳ね上がっています。フランスには他にも様々な産地のワインがありますが、高級品のイメージが定着しているので贈答用としておすすめできるワイン産地です。その中でも手ごろな価格のワインをご紹介します。

(写真左から)
1.ジョゼフ・ドルーアン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
シャブリの夏は暑く、冬は寒い大陸性気候です。近年では春に霜が降りるなど、ぶどう栽培の難しい地区の一つです。霜害対策として1株に芽を10個以上残す生産者が多い中、ドルーアンはぶどうの凝縮感を出すために、芽を8つしか残さず収穫量を減らすという方法を頑なに続けています。また、収穫したぶどうをシャブリ地区の自社ワイナリー(ムーラン・ド・ヴォードン)で圧搾し、ボーヌでステンレス発酵・醸造することで、いきいきとした上品な酸、ミントやレモングラスを想わせるフレッシュな香りを表現しています。
【参考小売価格】¥3,993(税込) 【タイプ】白・辛口 【品種】シャルドネ 【アルコール度数】13.5%

2.マドモアゼル L シャトー ラ・ラギューヌ
畑はボルドー地方オー・メドック地区にありますが、サン・ジュリアンに似た肥沃な砂利質土壌です。一部をフレンチオーク樽(新樽10%以下)、一部を小樽で熟成しており、コクのある味わいながらフレッシュな果実味が豊かに広がります。タンニンはシルキーで、余韻の長いワインです。
【参考小売価格】¥4,323(税込) 【タイプ】赤・フルボディ 【品種】メルロ、プティ・ヴェルド、カベルネ・ソーヴィニョン 【アルコール度数】13.5%

3.シャンパーニュ アヤラ ブリュット マジュール
アヤラは1900年代初頭より英国王室とスペイン王室御用達となるなど歴史あるシャンパーニュ ハウスです。複数のヴィンテージのリザーヴワインを巧みにブレンドしており、上質で豊富な泡立ちがあり、果実味はフレッシュでバランスが良く、滑らかな口当たりと長い余韻を楽しめる一品です。
【参考小売価格】¥7,150(税込) 【タイプ】白・泡・辛口 【品種】シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ 【アルコール度数】12.0%

〈イタリア産ワイン3選〉

続いて、イタリア産ワインをご紹介します。イタリアは全20州でワインの生産が行われており、各州でオリジナリティー溢れるワインが造られています。過去には最高格付けが生産可能な地域であえて挑戦的な品種と醸造技術を用いて世界トップクラスのワインを生みだした、“スーパー・トスカーナ”のイメージが強い時期もありましたが、イタリアと言えばやはり土着品種(その土地でのみ栽培可能な品種)で造られたワインが人気です。土地の個性をしっかりと表現したワインが多く生み出されているので、一言でイタリアワインを語ることは難しく、ソムリエなど専門的な知識がある方のアドバイスを元に自分の好きなタイプを探していく楽しさがあるワイン産地です。

(写真左から)
1.ゾーニン プロセッコ DOCスペシャル・キュヴェ ミレジマート
プロセッコのスペシャリストが造るミレジマート。ゾーニン社はプロセッコのスペシャリストとして広く知られており、過去5年間において、世界の名だたるワイン・コンペティションで数々の金賞や90点以上の高得点を獲得しました。2017年に初リリースされたこのキュヴェはゾーニン社が初めてヴィンテージにこだわって造ったプロセッコです。
【参考小売価格】¥1,672(税込) 【タイプ】白・泡・辛口 【品種】グレーラ 【アルコール度数】11.0%

2.モンテ・アンティコ
モンテ・アンティコとは、「古い山」の意味です。サンジョヴェーゼの可能性を最大限に引き出した「ポケットマネーで買えるスーパー・トスカーナ」と絶賛されています。スロヴェニア産オーク樽80%、フレンチオーク樽20%(内新樽10%)で12ヵ月熟成。果実味とスパイシーさが見事に調和しています。
【参考小売価格】¥2,002(税込) 【タイプ】赤・フルボディ 【品種】サンジョヴェーゼ、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー 【アルコール度数】13.0%

3.ルイジ・エイナウディ バローロ ルード
4つのサブゾーンの特徴をもつバローロ。エレガントさは銘醸地のカンヌビ、力強さとストラクチャーはブッシア、優れたバランスはテルロ、典型的なアロマはモンヴィグリエロに由来しています。新樽25%で26ヵ月間熟成しており、黒い果実の味わいと様々なスパイスのニュアンスがワインに上質な奥行きを与えています。口当たりはベルベットのように滑らかでタンニンもきめ細かく、長い余韻が続きます。
【参考小売価格】¥6,050(税込) 【タイプ】赤・フルボディ 【品種】ネッビオーロ 【アルコール度数】14.0%

〈チリ産ワイン3選〉

続いて、チリ産ワインをご紹介します。チリはカジュアルワインの代名詞として日本にしっかりと定着したワインといえるでしょう。事実、2015年より日本における輸入ワイン数量ではトップに君臨し続けています。シャルドネ、カベルネ、メルロなど、おなじみの品種が安価でありながらおいしく飲めるので、ご家庭で楽しむ”お財布に優しいワイン”として人気が高いです。近年ではチリの高価格帯ワインも高く評価されてきて実際飲むと美味しいのですが、まだ世界のトップクラスのワイン程高価格ではないので、ご自宅で軽く楽しむワインを選ぶ際に覚えておくべき産地の一つといえるでしょう。

(写真左から)
1.ウンドラーガスパークリング ブリュット
淡いゴールドの色調にきめの細かい泡が立ち上がります。青リンゴの爽やかさに、サクランボやオレンジ、わずかにミネラル香も感じられます。ソフトなタッチ、爽快感のある心地よい酸味、ほのかな苦みがドライな印象を与えます。
【参考小売価格】¥1,562(税込) 【タイプ】白・泡・辛口 【品種】シャルドネ、ピノ・ノワール 【アルコール度数】12.0%

2.アルタ・ロマ カベルネ・ソーヴィニヨン
やさしく溶け込んだタンニンが心地よい上質カベルネ。熟れたレッドカラント、フランボワーズ、赤系果実の香り。みずみずしい果実味に、優しく溶け込んだタンニンが心地よい味わいです。グリルした赤身肉、熟成したセミハードチーズとの相性が良く、バーベキューにも最適です。
【参考小売価格】¥1,100(税込) 【タイプ】赤・フルボディ 【品種】カベルネ・ソーヴィニョン 【アルコール度数】13.0%

3.テロワール・ハンター シャルドネ ウエスト・リマリ
石灰質土壌から生まれるミネラリーなシャルドネ洋梨や白桃などのフルーツのアロマやローストしたナッツ、小麦の香ばしいニュアンスを感じます。フレッシュな果実味と、石灰質土壌に由来するミネラル感があり、ソフトでクリーミー、酵母のテクスチャーがワインにバランスを与え、長い余韻へと導いています。
【参考小売価格】¥3,080(税込) 【タイプ】白・辛口 【品種】シャルドネ 【アルコール度数】13.5%

〈アメリカ産ワイン3選〉

続いて、アメリカ産ワインをご紹介します。アメリカは年々人気が高まっており、しっかりとブランディングされた高品質のワインを多く抱える産地です。カリフォルニアが最も有名ですが、ワシントンやニューヨーク近郊でも品質の素晴らしいワインが発見できます。「アメリカ人にワインはわからない」、といった言葉はすでに大昔の話で、現在ではフランスなど欧州の有名ワイナリーがアメリカにワイナリーを設立、または資本提携するなどして、その高い技術に裏付けされた高品質のワインが次々と生まれています。一方で、全体的に高価格なのでマニア受けするワイン産地ともいえるでしょう。
(写真左から)
1.クラウドライン オレゴン ピノ・ノワール
オレゴンで今、最もコストパフォーマンスの高いピノ・ノワールです。オレゴンのテロワールは繊細なピノ・ノワールの生育に適しており、現在、主要品種の1つとなっています。そのピノ・ノワール100%で造られるこのワインは、輝きのある深いルビー色。ストロベリー、ラズベリーなどの赤いフレッシュなフルーツ、柔らかいタンニンとほどよい酸が広がるすばらしい味わいです。
【参考小売価格】¥3,993(税込) 【タイプ】赤・ミディアムボディ 【品種】ピノ・ノワール 【アルコール度数】13.5%

2.ジョセフ・カー・ワインズ カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー
主にナパ・ヴァレーのラザフォード、クームズヴィルのカベルネ・ソーヴィニヨンを使用。新樽50%を含むフレンチオークで20 ヵ月熟成します。熟したブラックチェリーの魅力的なアロマが、グラスから立ち上り、ほのかなココアや甘草のニュアンスが感じられます。フレッシュなカシスにブラックベリーの凝縮感ある味わい。そこにローストしたコーヒー豆、焦げたキャラメル、タバコの風味が加わり、至福の時間が訪れます。
【参考小売価格】¥6,050(税込) 【タイプ】赤・フルボディ 【品種】カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ 【アルコール度数】14.5%

3.ジョッシュ・セラーズ ジンファンデル ローダイ
19世紀後半に植えられた古木が多く残るローダイのジンファンデルを使用。ダークフルーツ、胡椒、クローヴ、そしてバニラの複雑な香り、そしてブラックベリー、カルダモン、ブラックリコリスと共に、チョコレートの味わい。アフターにスモーキーなニュアンスが、長い余韻と共に感じられます。
【参考小売価格】¥2,783(税込) 【タイプ】赤・フルボディ 【品種】ジンファンデル、プティ・シラー、メルロ 【アルコール度数】15.0%


小坂 孝明
都内老舗西洋料理店、ミシュラン2つ星のフランス料理店などでソムリエとして勤務後渡豪。6年に及ぶ滞在中に経営学やWSET Diplomaを修める。また、「ロックプール」「フォーシーズンズ ホテル」などシドニーのレストランでソムリエとして研鑽を積み日本に帰国。現在は三国ワイン株式会社にてブランドマネージャーとして勤務。

保有資格
WSET Level 4 Diploma
International A.S.I. Sommelier Diploma

info.
三国ワイン
https://www.mikuniwine.co.jp/

HB WEBトップへ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる