【ナイキ】国際ガールズデーを通じて女の子のスポーツへの意欲促進活動でのサポート

ナイキは、ジェンダーの平等な扱いに配慮できるコーチの育成支援を通じて、女の子(および女性)に公平な活躍の場を提供するサポートをしています。また、東京を拠点に実施している「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」を通じ、草の根プログラムの活動も継続して支援しています。
世界中のすべての子どもたちにあてはまる真実が一つあります。それは、子どもたちの健やかな発達や成長のためには、動くことや遊びは不可欠だということです。身体活動の活発な子どもたちは、学業でも、地域社会でも、将来のキャリアにおいてもより良いパフォーマンスを出せることがわかっています。しかし、女の子は遊びとスポーツにおいて、文化的、社会的、経済的に複雑な障壁に直面しています。スポーツをやめてしまう女の子は男の子の2倍に達していて、そもそも女の子たちがスポーツをする機会は男の子より少ないのが現状です。
10月11日の国際ガールズ・デーにナイキは世界中のアスリートやパートナーと協力して、女の子たちの声とこれまでの私たちの活動全体をより広く社会に知ってもらうことで、こうした状況を変えていきます。国際ガールズ・デーは国連が定めたもので、「女の子の権利」と「女の子のエンパワーメント」の促進を国際社会に広く呼びかける日です。女の子が抱えるニーズや課題に目を向け、解決策を見出すと同時に、女の子の視点から世界をより良いものに変えていくことを目的としています。
ナイキは世界中の124以上のコミュニティパートナーと協力して、女の子たちが身体活動から得られる多くのメリットを享受できるようにするとともに、さらなる多様性と包摂性に向けてもっと多くのコーチを育成するためのデジタルツールを開発しています。すべての女の子たちは、男の子たちと同 じようにコーチを必要としています。正しい考え方と「女の子のコーチングガイド」のようなツールがあれば、誰もがコーチになることができ、女の子が楽しめる包括的な遊びやスポーツの環境を作ることができます。
ナイキは障壁を取り除き、女の子たちが遊びやスポーツを行い、その恩恵を受ける機会を増やすためにさまざまな取り組みを行ってきました。2020年8月、大坂なおみはローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団(「ローレウス財団」)とナイキとのパートナーシップにより、遊びやスポーツを通じて女の子たちの人生を変えることを目的としたプログラムである「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」(「プレー・アカデミー」)を開始しました。2021年4月、この「プレー・アカデミー」の活動はロサンゼルスとハイチに拡大し、性差のない、また女の子に特化したトレーニングやプログラムの支援を通じて、より多くの女の子が身体を動かせる環境づくりを促しています。

日本では、2021年に日本 YMCA 同盟なでしこケア流通経済大学の3団体に助成金が提供されましたが、このたび「プレー・アカデミー」の新たなメンバーに大和シルフィードスポーツクラブが加わりました。それぞれの団体は、女の子のためにスポーツに変化をもたらすことを目的とし、様々なスポーツに取り組む機会の提供やサッカーやラグビーに特化した活動の実施など、独自の活動を行っています。また、これらの団体は女の子たちが将来、学業や仕事など自分らしい人生を歩むための準備として、リーダーシップやライフスキルのトレーニング、ワークショップを提供しており、2021 年には275人以上の女の子たちが参加しました。

10月6日、ナイキとローレウス財団は、來田 享子氏(中京大学大学院スポーツ科学研究科 中京大学スポーツ科学部 教授)と上田 英司氏 (日本 NPO センター事務局次長)を招いて日本における女の子のスポーツ参加の問題に焦点を当てたセミナーを開催し、メディア、学識経験者、 政府関係者、NGO 関係者など約90名が参加しました。実際の女の子たちの声に基づいて課題や機会の検討が行われ、その後、ナイキが「プレー・アカデミー」や運動遊びプログラムの JUMP-JAM を通じて支援しているコーチたちによるパネルディスカッションが行われました。
ナイキの目的は、スポーツの力で世界を前進させることです。障壁を取り除くためには、同じ想いを持ったコミュニティを形成し、すべての人のためにゲームを変えなければなりません。ナイキが次世代の子どもたちの動くことの楽しさや、遊びに注力するのは、彼らが活発に生き生きと社会へ参加し、より公平な未来が実現すると考えるからです。 

info.
NIKE カスタマーサービス:0120-6453-77
NIKE.COM

 

HB WEBトップへ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる