HOME FEATURE Champion「Team CPFU」 season2 ホノルルトライアスロン2018への道。 -VOL.01屋久島トライアスロンキャンプ-

Champion「Team CPFU」 season2 ホノルルトライアスロン2018への道。 -VOL.01屋久島トライアスロンキャンプ-

Champion「Team CPFU」 season2  ホノルルトライアスロン2018への道。 -VOL.01屋久島トライアスロンキャンプ-

今年の5月にハワイ・ホノルルにて開催された“ホノルルトライアスロン2017”に、「Champion」のトレーニングウエアライン「CPFU」と「IMPRINT」が共同で立ち上げたスポーツコミュニティ「Team CPFU」が参戦した。本番までアクエリアスから協賛サポートを受ける中、約半年に渡るトレーニングを積み、その結果全員が完走することができ、チームの絆を大いに深めた。
そして、来年2018年に開催される“ホノルルトライアスロン2018”にもさらに固い結束力をもって挑むべく、season1からさらにスケールアップしたプロジェクトを目指すため、新たなコンテンツとしてヨガでのサポートケアなども視野に入れ、ヨガインストラクター・女優の松本莉緒さんなど新たなメンバーも加わって「Team CPFU season2」が始動。トレーニングの様子から5月の本番まで、HBで密着取材していきます! まずは10月26日から屋久島にて行われた決起集会ともなるトライアスロンキャンプの模様をリポート致します。

Photograph:Yoshiteru Aimono

10月26日〜28日の日程で行われた屋久島でのトライアスロンキャンプ。ラン・バイク・スイムのすべてのトレーニングを行った濃い3日間の間に、トライアスロンに初めて挑戦する参加者もいろんな気づきとともに、これから半年以上続けるトレーニング法についても自分の体と向き合いながら考え、貴重な時間を過ごした。season1からスケールアップし、ヨガインストラクターでもある松本莉緒さんによる、クールダウンヨガやモーニングヨガなど、スペシャルなヨガセッションがプログラムに組み込まれたのも大きなトピックス。

DAY 1
到着してすぐに、旅の疲れをほぐしながらウォーミングアップ開始。


今回は19名の男女が参加。CPFUならではのアーバンな佇まいのウエアを全員で揃え、まずは記念撮影。そしてインストラクターの指導による準備運動から開始。今回のseason2はHBとして本番まで、女優・ヨガインストラクターの松本莉緒さん、モデルの浅野美奈弥さん、EN ROUTE二子玉川のスタッフ吉田麻衣子さんの3名をクローズアップして追いかけていきたいと思います!

初めてトライアスロンに挑戦する3人はバイクのレクチャーから開始。



トライアスロンに初挑戦する3人は、バイクの基礎的知識と乗り方についてのレクチャーをトライアスロンショップのオーナーより受けます。止まり方や曲がり方などを、重心のかけ方や目の向きなども交えてしっかりと指南。基本的なことをマスターしないと次なるステップへも進めないことはスポーツを愛する3人は熟知していて、課題を次々とこなしていきました。

屋久島の大自然を全身で吸い込み感じながらのクールダウンヨガは格別。



season1よりスケールアップしたトレーニングプログラムとして、ヨガインストラクターでもある松本莉緒さんが、1日の終わりにトレーニングの疲れを癒すべく特別メニューとしてクールダウンヨガをレクチャーしてくれました。体が安らぐとともに見渡す限りの海や山の大自然と一体化していくような感覚は、なかなか味わえるものではありません。疲労を残さないようにすることも大事なトレーニングの一環なのです。

トライアスロンについての基礎知識について学ぶ勉強会も開催。

夜にはトライアスロン初参加となる方に向けて、基本的な知識をインストラクターに教えてもらう勉強会も行われました。種目が移り変わるときのウエアの変え方から、給水の仕方、コースについて、自分でのペース配分の仕方……など、些細なことでも、長い距離を闘い抜くためには絶対的に知っておかなければいけないことばかり。3人も質問もしながらしっかりと聞き入ってました。

DAY 2
2日目はカラダを目覚めさせるランニングからスタート。



朝6時には集合して、準備運動・ストレッチの後の軽いランニングから2日目の幕開け。暗闇からどんどん青い海が視界に入ってくる感覚で、体も徐々に目を覚ましてゆく。絶景を眺めながらロードを走り、砂浜へも突入。美しく延々と続く白い砂浜で、足取りは悪くてもどんどんポテンシャルは上がり、走りたい欲求も膨らんでいくのです。ランの後に名残惜しく砂浜をお散歩する浅野さんと吉田さん。

スイムトレーニングへ向けてモーニングヨガで体を伸ばす。


2日目も特別セッションとして松本さんがこの日のために考えてきてくれたメニューでヨガのレクチャーを受けます。普段なかなか使わない部分もトライアスロンで3種目に挑戦するとなれば、いかなる部分もしっかりと伸ばしてあげることが大事。宿の目の前の海から聞こえる波の音に包まれながら気分を落ち着かせる。体と心を一体にすることが大切なことも体感できた貴重な時間。

スタイリッシュなCPFUのウエアを着て気持ちを高める。


ミリタリーテイストをミニマルなデザインに落とし込み、都会的なアクティビティウエアとしてプロダクトを発信し続けるCPFU。そのウエアを纏って3人は屋久島の緑にふれ合う散策タイム。3人とも素晴らしいスタイルな上に、本当にスポーツが大好きなので、CPFUのウエアが映えること映えること! 3人それぞれの着こなしもキャラクターが出ていてスタイリッシュ!

そして最大の難関、スイムのトレーニングに意を決して挑む。



ホノルルトライアスロンで初挑戦する1.5kmのオープンスイムは未知の領域。そのためにも3種目の中で一番トレーニングが必要。ウェットスーツの着方から、進む方向の確認の仕方、泳げなくなった場合の浮き方までしっかりと教えてもらい、いざ海原へ! 不安もなんのその、3人とも全身を使って泳ぐことの気持ち良さを味わってしまい、トレーニングが終わるのを惜しんでいたほど。

DAY 3
3日間の思い出を噛み締めながら、チームの絆を深めるBBQで〆。

トライアスロンのファーストステップすべてを経験した屋久島でのトライアスロンキャンプ。すべての時間が濃密で、トレーニングで得たものの大きさ、目にも心にも響いてくる屋久島の美しさ、そしてホノルルトライアスロン本番への意気込みなどを改めて反芻しながら、帰路へ着く前に参加者全員で楽しくBBQ! お肉も海鮮もフレッシュでどんどん焼きまくってもりもり食べてパワーチャージ!

3日間に渡った「Team CPFU season 2」での屋久島トライアスロンキャンプ。まだ1回目のトレーニングと思えないほど、チームの結束力の強さを目の当たりにしました。これからラン、スイム、バイクのトレーニングを半年かけて積んでゆき、5月の本番で3人がどんな成長をしているか、どんな心境の変化が現れるか、取材するHBとしても楽しみでしかありません。今後のトレーニングもストーリーの一部としてこちらのHB webでお届けするので、みなさんも期待してお待ちください。

※ホノルルトライアスロン2017に挑戦した「Team CPFU season 1」の集大成はコチラからご覧いただけます。

info.
CPFU
URL:http://www.championusa.jp/cpfu/

Page Top