HOME FITNESS&SPORTS 【ナイキ】スポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART」が10月10日オープン

【ナイキ】スポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART」が10月10日オープン


【ナイキ】は三井不動産レジデンシャルと共同で、すべてのアスリートが気軽にスポーツを日常化でき、コミュニティと共にスポーツの新たな体験を生み出すスポーツパークの新しいコンセプト「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART」を10月10日にオープンさせる。ナイキはパークのデザインを担当し東京のスポーツを楽しく刺激的な体験を創出できるようデザイン面もよりインクルーシブで鮮やかなスポーツパークに仕上げた。
東京は世界に比べても類を見ないほどスポーツをする場所が少ない都市でもある。その影響もあってか日本の今の若者たちはスポーツをすることが少なく、アクティブではない世代と言われている。そういった背景もあり【ナイキ】は子供から大人まで遊び心をもってスポーツに参加する場所を提供することでスポーツの日常化という課題に取り組んでいる。
また環境面での取り組みも◎、パーク全体のフロア素材の一部にNike Grindを用いて地球環境に配慮したサステナブルデザインも取り入れている。廃材や産業廃棄物の木材等の再利用、無料のウォーターサーバーを設置しマイボトル持参を促すことでごみの削減にも取り組んでいる。

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART」は6つのエリアからなり、それぞれのエリアで様々なスポーツを体験することが可能だ。
パークは各年代を代表する6つのシューズからインスピレーションを得たデザインを各エリアにグラフィックで表現し【ナイキ】の足跡をパーク内に記している。

①CORTEZ TRACK(コルテッツトラック)
パーク全体を取り囲むように配置され独特のトラックの形から常識を打ち破る高低差まで非日常感あふれる1週280mのランニングトラック。

②WAFFLE TRAINER SQUARE(ワッフル トレーナー スクエア)
自然からインスピレーションを得た遊び心溢れる遊具と様々なスポーツを楽しむことが出来る広場。広場ではヨガやダンスなどのスポーツのジャンルに捉われることなく様々なアクティビティが楽しめます。

③ACG ADVENTURE(エーシージー アドベンチャー)
ボルダリングからインスピレーションを得た立体ジャングルジム。360°どの方面からもクライミングが可能。※この遊具は、年齢6歳以上の子供が対象。

④AIR RAID COURT(エア レイド コート)
色鮮やかなコートデザインが特徴的な向かい合った3×3のバスケットボールコート。一体利用でフルコートのプレイも可能。

⑤SB DUNK SKATEPLAZA(エスビー ダンク スケートプラザ)
ステア、バンク、ボックス、レールなどストリートのあらゆる要素が詰まったスケートプラザ。車いすでも楽しめるインクルーシブ・ホイールがあり初心者でもスケートボードが楽しめる。

⑥AIR MAX TERRACE(エア マックス テラス)
パーク内すべてのエリアが一望出来る高台。

施設概要
名称:「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART」
オープン日:10月10日
営業時間:平日15:00~21:00 土日祝日10:00~21:00
所在地:東京都江東区豊洲6丁目4-1 ゆりかもめ「新豊洲駅」徒歩2分/東京メトロ有楽町線「豊洲駅」徒歩13分
利用方法:入場無料※NIKEアプリからの事前登録が必要

info.
TOKYO SPORT PLAYGROUND事務局
info@tokyo-sp.com

HB WEBトップへ

Page Top