HOME FITNESS&SPORTS 【ナイキ】スポーツとデザインの創造性をつなぎ合わせる NIKE SB フェデレーションキットが登場

【ナイキ】スポーツとデザインの創造性をつなぎ合わせる NIKE SB フェデレーションキットが登場



2021年6月29日、ナイキはアメリカ、フランス、ブラジルに続き、日本のスケートボードのフェデレーションキットを発表します。
この夏、東京で開催されるイベントの中で、スケートボードほど自由で軽やかな創造性を発揮するものはないでしょう。スケートボードは、動くことの楽しさを伝え、空間の中に創造性を生み出すスポーツです。ナイキ SB チームは、世界の舞台にフェデレーションキットが初めて登場する年のデザインにあたり、オランダ人アーティストの Piet Parra(ピエット・パラ)と協力し、日本、アメリカ、フランス、ブラジルの地理に関連したユニークな色彩あふれたデザインをクリエイティブな視点から作り出しました。
それぞれのプリントは、日本のアートに見られる風景へのこだわりに基づいており、馴染みある都市の風景を強調しています。風景をデザインしたもう一つのシンプルな理由は、ナイキ SB のコラボレーションやスケートボードカルチャー全般の核心に触れるものです。それは、良いものを見つけたら創造的にそれを活用しようとする性質です。
「デザインについてピエットに、『自分でキットを作るとしたら、どんなものにするか考えてください。』と話しました。」と、ナイキ イノベーション リードでキット担当のドノヴァン・ハリスは述べています。「風景とスケートボードの間に自然なつながりを見出し始めました。スケートボードは何もないところでするものではありません。周りにあるすべてのものが、新しいスケートボードの場所を作り出しているのです」。
ハリスは、このインスピレーションが、スケートボードコミュニティらしさを保ちつつ、新しいファンをスケートボードに招くようなキットを生み出したと述べています。


ナイキ SB x Parra ジャージー ¥12,100 (税込)

ナイキ SB x Parra ジャージーは、ライダーが涼しくいられるようにするための吸湿性のある糸を使用し、そして廃棄物削減につなげるための再生ポリエステルを使っています。
アメリカのバスケットボールジャージ、日本のベースボールジャージ、フランスのテニスポロ、ブラジルのサッカーキットなど、それぞれのキットは、その国に馴染みの深いスポーツへのオマージュとなっていて、全ての風景のイメージに太陽を描き、地理的感覚を加え、アメリカには鷲、日本には鶴、フランスはオンドリ、ブラジルはオオハシと、それぞれの国の精神性や個性を象徴しています。またスリーブには国名の3文字の頭文字を入れ、デザイナー パラ・ピエットの特徴であるターコイズ・マゼンタ・ピンクのパレットをポートレートに使用しています。
ナイキ SB フェデレーションキットは7月17日より一部のスケートボード専門店にて先行販売を開始し、7月20日より SNKRS アプリ、Nike.com そのほか一部の専門店で順次販売予定です。

info.
NIKE カスタマーサービス:0120-6453-77
NIKE.COM

 

HB WEBトップへ

Page Top